2018-01-27

増田試写レビュー羊の木

こんばんは増田です。映画を見てきました。話題作の羊の木です。

おおよそ稼ぐつもりもないストーリーにジャ●ーズ事務所錦戸亮を出したことを後悔していないか心配になりつつ

言い表せない恐怖と緊張感を保ったままラストを迎え、見終わって結構経つが胸になにかを残したまま

この映画メッセージを考える日々を送っています

率直に言うと面白かったのだと思います。なにもない映画はこうはならない。

二行目についてですが、彼はDV男役で有名になったので結構どうでもいいのかもしれません。

映画の彼はDVしません。むしろブラック市役所で大変なお仕事を任せられました。

仮釈放中の殺人鬼6人の受け入れ。就職先の面倒です。

これは原作がある話ですが、原作をちらっと読んだ感じキャラクターたちは結構変わっています

原作の設定を借りたif的なストーリーですね。新デスノートみたいな…う、頭が頭痛…。

この映画はあらすじを読んでも、理解できるとは思えません。

何故ならこの映画のあらすじと情景を言葉説明できる人など居ないからです。居たらこ映画脚本家だと思います

吉田大八監督と言えば、近年では「桐島、部活やめるってよ」の語呂の良さが話題になった監督ですが

今回もあの映画のように「結局桐島って誰なんだよ」みたいな論争を巻き起こしそうです。

役者が素晴らしいです。だれもかれも、その人のためのキャラクターのようになっています

しかしだれもかれも、千鳥が居たら「癖が強いんじゃ」と突っ込みそうなサイコっぷり。さすが殺人鬼

その中で右往左往する主人公の受け身具合。まさしく吉田監督の主演ですね。

錦戸亮以外に特筆するとしたら優香エロさですよ。いや、松田龍平の怪演ですよ。唯一無二ってこういうことですね。

優香おっぱい押し付けを上回る松田龍平の印象深さは相当なもんですよ。

さて、羊の木ってタイトルですが…なんのことでしょう?

映画を見てから、またその話をしましょうよ。鑑賞後会おう。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん