2018-01-20

デスマーチからはじまる異世界狂想曲」は大沼心監督作品ではない

※以下の内容は全て個人もやもやを解消するための主観的推測です 決して内部告発でも事実でもないことをご了承ください。


要約

デスマ」は渡部高志監督ベースとなる部分を作った作品である可能性が高く大沼心監督作品ではないと私は考える


2018年アニメに「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」という作品があります。(以下デスマ) この作品制作担当しているスタジオシルバーリンク監督大沼心さんです。

私は昔から大沼心監督ファンで古くはぱにぽにだっしゅ!最近作品だと落第騎士の英雄譚などが特に好きで前クール妹さえいればいい。も含め今までほとんどの大沼心監督作品を見てきました。

なのでデスマもオンエア前は楽しみにしていたんです。しかしこの作品1話を見てて明らかに何かがおかしい。端的に言えば大沼心監督のらしさが1ミリたりとも感じられないぞと。(面白いまらないとはまた別の話)

大沼監督の画作りはとても特徴的なので見ててすぐ見抜ける自身があるのですがその特徴が全く画面に出てなかった。うーんと思いつつEDスタッフクレジットを見たところそこには絵コンテ渡部高志文字が...

ん?これはどういうことだ?...頭がパニックになりました。大沼監督は初監督efから一貫して必ず第1話絵コンテ担当して作品の指針を示していたのに...と(大沼監督の右腕的存在である玉村仁さんがシリーズディレクターを務める作品は除く)

アニメの第1話とは作品の基本となる極めて重要ものなので監督絵コンテを切る、というのはごくごく当たり前の話で実際ほとんどの作品はそうだと思います

クール妹さえいればいい。監督担当していたので忙しくてコンテ切れなかったのかな...?ととりあえずその時点では思いました。しかしそうであっても監督映像面に手入れするのは当たり前のことでありならもっと大沼監督作品っぽくなっててもおかしくないよなと

そして1週間後の第2話 相変わらず映像的にはう~んという感じだったのですがこの話数のクレジット絵コンテ渡部高志 大沼心でした。これを見て私はある1つの考えが思い浮かびました


この作品は当初渡部高志監督作品として進んでいたんじゃないか


そう思った根拠複数あります

監督でもシリーズディレクターでもない人物1話と2話の絵コンテ担当するのは決して一般的でない(無論例外あり)

②本編映像過去監督作と比べてあまりに別物すぎる

③前クールの「妹さえいればいい。」、さらに言えば8月公開の劇場版プリズマ☆イリヤから連続大沼心監督作が放送される異常なスケジュール


これらより私はデスマ本来渡部高志監督作であり大沼心監督は諸事情降板したあとの現場作業を引き継いだだけにすぎないと考えることにしました。

まり映像ベースとなる部分を作り上げたのはほぼ全て渡部高志監督大沼監督はそれを完成形に導く作業担当しているにすぎないというわけです。

2話で大沼監督が連名で絵コンテクレジットされているのは渡部監督絵コンテに対して修正を加えているからで1話で同様のことをしていないのは降板時点ですでに1話作画が始まっていて大沼監督修正できなかったと

このような解釈をすると私のデスマに対する違和感、疑問はすべて解消します。


これらの理屈は強引な部分もありそれお前の妄想にすぎないだろうと思う人もいるでしょう(実際妄想ですが) しかし実際アニメ業界ではこのようなことって珍しくないんです。


最近作品だと『うどんの国の金色毛鞠』がこれとほぼ同じ状況が発生していた作品です。

この作品は元々井端義秀監督を中心として制作されていましたが現場プロデューサー方針の違いで揉め、最終的に井端監督が降ろされ宅野誠起氏が監督としてクレジットされた(井端氏は絵コンテ以外ノンクレジット作品です。

2016年年末には井端氏が降板に至る経緯をFacebook告発たことにより一部で炎上しました


今回の状況との共通点は以下のとおりです

降板した監督1話絵コンテとしてそのままクレジットされている

降板した監督絵コンテ以外ではクレジットされていない

・後任の監督はそのスタジオ所属している監督所属しているので社内の案件を頼まれやすい)


また、2017年には『魔法陣グルグル』でもこれに近い事案が発生しています。(こちらは降板したげそいくお氏はアニメーションコンセプトデザインとしてクレジットされている)


このようにアニメ監督のオンエア前の途中降板というのはあまり珍しいという話でもないのですがそれに対して私は「前任者が作品の土台を作り上げたのにその人をクレジットせず現場の後処理的な部分を任されている人を監督と呼ぶのはどうなんだろう」と感じるのです。

そういう観点ではグルグルは後任者を「シリーズディレクター」とし降板した人を「アニメーションコンセプトデザイン」とクレジットしたのは実情にあったスタッフクレジットにしようという配慮が合ったのではないかと思います

アニメにおけるクレジットというのはその人の名刺にもなる極めて大事ものなので実情にあったスタッフクレジットというのはとても大事だと私は感じます


以上 デスマはおそらく大沼心監督作品ではない。そしてこのような作品大沼心監督作品として記録が残るのはファンとしては嬉しくないという心の叫びを綴らせていただきました。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん