2018-01-13

文章、注意を削ぐあれこれ

文章を読んでいると、本筋ではないところで読む気が削がれてしまうことがある。

例えば、句読点の打ち方。句読点が、大量に、存在すると、読む気が、削がれる。こんな、過度では、ないにしても、なんか、多すぎると、感じると、そこばかり、注意が、向いてしまい、内容が、頭に、入ってこない。

私は気にしたことがなかったが、最近漢字が続くと読みにくいとということも聞いた。変換出来る限り漢字平仮名に変換された文章は読み難い。ということらしい。句読点の打ち方や助詞の不使用文章が下手という問題もあると思うが、言われてみれば読み難い気もする。

言葉の間違いも読む気を失させる。うる覚えで正しくない言葉を使われると、その言葉を目にしたときに、脳内勝手に「間違ってる」というツッコミが働いて、注意が削がれる。よく分からない言葉は、使う前に調べるか、代替表現採用していただきたい。

論理的意味不明文章もあるので、それについても書く。さらに、そんなに真剣に読む価値のある文章なんて少ないから、注意をしながら読もうと思う。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん