2018-01-10

Apple様はバッテリー交換減額措置以前のバッテリー交換ユーザーは救済しないとのことです

この件に関して:

iPhoneバッテリーパフォーマンスについて、お客様にお伝えしたいこと

https://www.apple.com/jp/iphone-battery-and-performance/

TL;DR

Appleは上リリースにてバッテリー交換減額措置のお知らせを出したが、それ以前にバッテリー交換したユーザーには返金措置などはしない。

おま誰?

当方iPhone6ユーザー

2017年夏頃に電源落ちるなどの事象にあってApple公式Genius Barに持っていき、バッテリー経年劣化と診断された後にバッテリー交換を正規Apple価格(約1万円)で行った。

どうしたの?

今回のお知らせの対象ユーザーに当たるはずなので、差額返金できないかAppleサポートに問い合わせた。

どうだった?

結論としてはお知らせリリース(2017/12/28)以降に交換するユーザーのみが減額の対象で、それ以前のバッテリー交換に対する救済措置なのは無い。

こう思ったっす

秋ごろにパフォーマンス低下の問題が報告されてそれを受けて今回のお知らせを出したとのことだが、秋の時点でそれならば…とバッテリー交換したユーザーも多くいるはず。

今回のお知らせを出したきっかけはそのユーザーフィードバックあってこそなのに、そのユーザーを救わないっておかしくないですか、Apple様。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん