2017-12-14

永遠が成立する仕組み

永久に変化がない状態ってのは、変化が止滅した場合にの可能

アートマンプラクリティ干渉から離れて、独存に至った場合に変化をコントロールできる。時間は変化から生じている。変化が一切ない状態では時間の経過が発生しない。

日本人が真我独存を体得できないのは、その前にヴェーダ世界観を知らないから。とりあえずWikipedia勉強してみては?

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%A4%E5%AD%A6%E6%B4%BE

サーンキヤ学派は厳密な二元論を特徴とし、その徹底性は世界思想史上でも稀有のものである

 

世界はある一つのものから展開し、あるいはこれが変化して形成されるという考え方をパリナーマ・ヴェーダ(転変・開展説)といい、原因の中に結果が内在するという因中有果論であるが、ヴェーダウパニシャッド一元論や、プラクリティ根本原質)から世界展開を主張するサーンキヤ学派はこれにあたる。

精神原理であるプルシャは永遠に変化することのない実体である、とし、それに対し物質原理であるプラクリティ第一原因とも呼ぶ。

プラクリティには、サットヴァ(sattva、純質)、ラジャス(Rajas、激質)、タマスtamas、翳質・闇質)という相互に関わるトリ・グナ(tri-guṇa、3つの構成要素, 三特性三徳)があり、最初の段階では平衡しており、平衡状態にあるときプラクリティは変化しない、とする。

 

しかしプルシャの観察(観照、関心)を契機に平衡が破れると、プラクリティから様々な原理が展開(流出)してゆくことになる。

プラクリティから知の働きの根源状態であるブッディ(Buddhi, 覚)またはマハット(mahat, 大)が展開され、さらに展開が進みアハンカーラ(Ahaṅkāra, 我慢または我執, 自我意識。アハンは「私」、カーラは「行為」を意味する)が生じる。

アハンカーラの中のトリ・グナの均衡がラジャスの活動によって崩れると、これからマナス(意, 心根、Manas、思考器官)、五感覚器官(Jñānendriya、五知根、目・耳・鼻・舌・皮膚)、五行動器官(Karmendriya、五作根、発声器官・把握器官(手)・歩行器官(足)・排泄器官・生殖器官)、パンチャ・タンマートラ(五唯または五唯量、Pañca Tanmātra、五微細要素, 五つの端的なるもの)が展開して生じる。

パンチャ・タンマートラは感覚器官によって捉えられる領域を指し、声唯(聴覚でとらえる音声)・触唯(皮膚でとらえる感覚)・色唯(視覚でとらえる色や形)・味唯(味覚でとらえる味)・香唯(嗅覚でとらえる香り匂いである

この五唯から五大(パンチャ・ブータまたはパンチャ・マハーブータ(Pañca Mahābhūta)、五粗大元素)が生じる。

五大は、土大(Pṛthivī, プリティヴィーもしくはBhūmi, ブーミ)・水大(Āpa, アーパもしくはJala, ジャラ)・火大(Agni, アグニもしくはTejas, テージャス)・風大(Vāyu, ヴァーユ)の4元素に、元素存在運動の場を与える空大(Ākāśa, アーカーシャ, 虚空)を加えた5つである

 

プルシャはこのような展開を観察するのみで、それ自体は変化することがない。

この記述体験を通じて観察しない限り、理論だけでは理解できない仕組みになっている。

自分意志で変化をコントロールできない人間は、不変の状態永久)を得ることはできない。

 

※せっかちな人もいるだろうから警告。単純に死ぬだけでは真我独存の状態に至れないか勘違いしないように。自殺では変化をコントロールできるようになりません。

  • anond:20171214130428

    たぶんなんか勘違いしてると思うけど 時間の経過は決して止まらないから永遠に思えても必ず結末はやってくるぞ 時間の認識は脳細胞の代謝と電解能に関係するから 体感時間の遅延に...

    • anond:20171214131132

      体感ですよ体感 主観の方の感覚

      • anond:20171214131338

        いやだからその主観による時間認識の低下にも限界があるって言ってるんだけど 魔法みたいなので遅くなるとでも思ってんの

        • anond:20171214131438

          長い時間の夢とか見たことない? 走馬灯に近しいものは体験したことない?

          • anond:20171214131649

            勿論見たことはあるけどこうして目が覚めて増田ができているので 何を持ってして永遠の状態を信じられるのかが理解不能

            • 永遠が成立する仕組み

              永久に変化がない状態ってのは、変化が止滅した場合にのみ可能。 アートマンがプラクリティの干渉から離れて、独存に至った場合に変化をコントロールできる。時間は変化から生じて...

              • anond:20171214134406

                また宗教染みてきたな 宗教の持つ「物質に囚われない」って思想は貧者の糧だ

                • 足るを知る

                  物質に囚われない → 持っても平気、持たなくても平気。両方対応できる万能性が重要。 貧乏になれば良いわけじゃない。貧乏でも不満タラタラなら、まだ囚われている状態で停滞して...

                  • anond:20171214140215

                    囚われていることが負であるという価値観が貧者の糧そのもの 囚われていることが正しいか間違いかは各々が独自に判断するべきこと

                    • そもさん

                      喜び=善、苦しみ=悪。経験の構成が善悪の判定基準を形成している。 経験の構成=個人差があるので、絶対の基準は作れない。相対の基準しか作れない。 そのため、各人の判断では、...

                      • anond:20171214142410

                        自分と他人の区別をつけるのが嫌ならそれこそとっとと死んで土に変えればいいでしょ 生きてて自意識のある内からわざわざ死んだ後の状態に努力してなろうなんて馬鹿すぎる それって...

                        • 全知全能になるメリット

                          恐怖は対象を理解していない状態から発生する。(柳の下の幽霊) 対象について正しい理解を得ると恐怖がなくなる。 生きている間に、生と死の仕組みを体得した者には一切の恐怖がな...

                          • anond:20171214143515

                            物理学を学べばトラックに轢かれるのも怖くなくなるの?

                            • 巨人の肩に乗る矮人

                              物理学を学んだだけでは全知全能にはなれないので、トラックにひき殺されるときの恐怖を克服することは不可能でしょう。 それでも物理学や科学全般を学ぶことは有効です。科学とは...

                          • anond:20171214143515

                            体験しないと理解できないと言っておきながら体験できようのない死を分かったつもりになるって間違いだとは思わないの

                            • 死を体験して観察する方法

                              不随意筋を随意筋に変える鍛錬が必要。(呼吸は随意筋と不随意筋の中間にある) 自分で呼吸と心拍をコントロールできる者のみが、安全に死の扉を開いて、その状態を観察できる。 生...

                              • anond:20171214201159

                                トランス状態を死の状態と勘違いしてるという疑いは持たないの?

                      • 真実に属人性がない理由

                        数学の論理で説明すると、真実には属人性がない。色がまったく付いていない。 ペアノ公理で「1+1=2」が正しい言説だった場合、 偉い人が「1+1=3」と言っても間違い。 馬鹿が「1+1=2」...

                • 宗教の本質=究極のエゴ

                  快楽原則:喜びを求めて苦しみを避ける → 幸せになりたい。苦しみを滅したい。 宗教は人間のエゴの最終形態。宗教=エゴのためなら戦争もやるし何でもやる。 何が正しくて、何が間...

                  • anond:20171214140801

                    宗教なんて生きてる人間が個人個人で勝手に納得して死ねばいいのを わざわざ自分でオチつけないクソ雑魚のために作って余計な争いを産んでるのが宗教家たちだろ あのイルミナティで...

                  • 宗教の本質=究極のエゴ=自分の正体を知る方法

                    快楽原則:喜びを求めて苦しみを避ける → 幸せになりたい。苦しみを滅したい。 そう思うのはなぜか?エゴの源を知ることが宗教の本質。 解脱していない人間は自分の正体を見てい...

            • anond:20171214132009

              その感覚を死の瞬間の極限まで 持っていくと、さもありなんと俺は思うよ。まー、言いたいのは自殺のリスクも考えてねって話さ

              • anond:20171214132319

                時間感覚が年代によって違うのは脳の代謝速度が違うのと 集中によって脳の電解質のやり取りが高速化されるのが原因というのが今の科学的見解なので 死に直面してもそれを上回る反応...

                • anond:20171214132613

                  主観については今の物理学で説明出来ないんだよ。

                  • anond:20171214132853

                    だから体感時間の変化は科学的見解が既に出てて 主観問題とはまるっきり別なんだけど 三途の川の話をしたいオカルト好きってことでいいかなもう

                    • anond:20171214133119

                      あー、そういうこと 困ったな、自殺者増えるじゃん

                      • anond:20171214133840

                        自殺を止める最も建設的な方法はもっとわがままに生きることを推奨する行為であって 自殺のデメリットを説いても意味がない 自殺に向かうだけの鬱屈したエネルギーの発散場所を急い...

                    • anond:20171214133119

                      逆転クオリア的な話をしたいんじゃない 俺の主観とお前の主観が同じとは限らない的な

                      • anond:20171214133930

                        だから違ったところで体感時間の高速化は物理的な限界が予見されるから永遠に体験するのなんて無理ですって なんで体感時間に差異が生じるのかをまず考えないの? 例えば膝蓋腱反射...

          • anond:20171214131649

            連投中なんだ

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん