2017-11-21

数億円持っている人が金持ちな気分でいるのは間違っている

数億円、数十億円持っている人達金持ちだという風潮がある。

かに金持ちだし顔がいい女の親がそんな奴だと聞くと何で彼女は恵まれているのかと虚しくなる。

ただ、大富豪かというと違う。

何というのか数億円、数十億円くらい金を持っている人たちは現状に不満を抱かないのか、大富豪に対して怒っているイメージがない。

こいつら、貰いすぎだなどと言っていない。

しかし、実際に数億、数十億円と数千億円なら大きな違いがあるし途方も無い格差があるはずだ。

現状に満足しないで、怒るべきではないかと思う。

そして、自分は大きな経済格差の中で下と同じと考えるべきではないか

いつか、苦しい立場になるかもしれないと。

自分父親小金持ちでビジネス書を読めというが、納得できない。

短絡的というか、宗教的というか。

個人的には中国で苦しい立場に置かれている農民工企業実態を暴くルポタージュの方が好きだ。

そして、最近ロシア革命の本にはまっている

恐らく、自分がいつも容姿やら学力やらというヒエラルキーで下層だったからだろう。

どこまでも上というものに疑いを向けてしまう。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん