2017-11-20

anond:20171120102336

いやだから変革の順序が違うんだろってこと。

姓で呼ぶ習慣のところで、別の姓になるとインパクトが強すぎる。

昨日まで「増田さん」だったのが「勅使河原さん」になったら、本人も周りも戸惑うでしょ。

もちろんインパクトが強いからこそ、夫婦別姓にしようってしてるんだろうけど、これは順序が違うんだよ。

最初から太郎さん」って呼ぶ社会であれば、「太郎増田さん」だろうが「太郎勅使河原さん」だろうが、本人も周囲もあまり気にしないでも生きていける。

姓の存在感が減った時点で「別に別姓のままでいいんじゃね?」ということが受け入れやすくなるわけ。

姓の存在感が強いままゴリゴリに別姓を要求するから抵抗があるわけで、アイデンティティの維持を考えるなら、順序としては姓の存在感を小さくすることから始めるべきなんだよ。

日本人名前形式は、「どこのイエの人間かわかる」ことに最適化されているシステムなんだから、それを変えずに夫婦別姓という別のシステムをツギハギしてもいかんのよ。

記事への反応 -
  • anond:20171120100617

    もともと別姓だったら「名字で呼び合う日本では呼び方が変わる夫婦同姓は馴染まないと思う」とか言ってそう

    • anond:20171120100801

      そらそうだよ。 夫婦同姓というのは、「イエ」を重視するコンセプトであって、社会において個人であること以前にどこのイエの人間かが重視されるというコンセプトで存在してんだか...

      • anond:20171120101553

        じゃあ家より個人を重視する社会になった現代日本では夫婦別姓が馴染みますね。

        • anond:20171120101935

          それならそれで、他人を姓で呼ぶこと自体が馴染まないんじゃねーの?って話

          • anond:20171120102051

            名字を呼ぶたびに相手の家を意識する人なんてなかなかいないし、まあ「習慣」で済む範囲では。

            • anond:20171120102336

              いやだから変革の順序が違うんだろってこと。 姓で呼ぶ習慣のところで、別の姓になるとインパクトが強すぎる。 昨日まで「増田さん」だったのが「勅使河原さん」になったら、本人も...

              • anond:20171120103420

                横だけど、結婚して姓を変えた人は寿退社して専業主夫か専業主婦になって組織からいなくなったから目立たなかっただけじゃないかな。

                • anond:20171120103746

                  そうだよ。目立たないというか勅使河原さんも増田と結婚して「増田のイエの人間になる」ということが社会のスタンスで、それが夫婦同姓というシステムと合致していたわけ。 社会が...

              • anond:20171120103420

                「姓で呼ぶ習慣のところで別の姓になるとインパクトが強すぎる」ってそれ同姓だろうが別姓だろうが起きる問題だよね?

                • anond:20171120103948

                  「女は結婚したらイエに入る」というシステムなら、夫婦同姓でのインパクトなんかないよ。

                  • anond:20171120104348

                    いや現実的に言って「いまどきイエなんて意識してないのに名字で呼び合ってるのも変だよなあ」より「このあいだ結婚したからあの人はこれから増田さんと呼ばないといけないなあ」...

          • anond:20171120102051

            「何でも屋の加代」とか「組紐屋の竜」とか呼べばいい

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん