2017-11-18

私は声優が嫌いだ

嫌いというより存在を認めたくない。

あんな美しいアニメキャラの声を出しているのが醜い人間だなんて認めたくないのだ

 

 

声優存在を知ったのは小学生の頃だろうか。

何かで「アニメーションと言うのはパラパラ漫画の要領で、幾つもの絵を連続して映すことによりさも動いているかのように見せているのだ」ということが描いてあった。

正直ビックリしたものだ。

アニメの中の彼らは、それこそ生きているとしか言いようのない存在感を放っていた。

そして一回のアニメ放送時間は三十分だ。あれらを30分もの間、動いているように見せるために一体どれだけの労力と枚数が必要なのだろうか。冗談だろう?と思ったものだ。でも冗談でも嘘でもなくこれは本当のことらしい。

まりのことに想像が追いつかなくなって思考は別の方向に動いていった。

では声は?

アニメキャラクター世界テレビの中に存在しているのではなく、絵によって作られたものだったとしたら。

だとしたら声はどこから出ているのだろうか?彼らが存在していないのなら声もまた誰かによって作られていなければならない。

そう、それが出来るのは人間だけだ。

 

まりのことに泣きそうになった。

あんなに美しい魅力的なキャラクターの声が、実は醜い人間の声だったなんて。

(注意しておくが声優特に醜いというわけではない。人間は誰だって醜いものだ。私だって例外ではない。毎朝鏡の前で自分の顔を見るたびに吐きそうになる)

 

あれから何十年たった今でも折り合いをつけられずに居る。

アニメの声を出しているのが人間であると、ひたすら理解しようとした。だがそんな努力無駄だった。そんなことをしたら見ているだけで吐きそうになる。

私に出来るのは、アニメを見ている間はひたすら声優存在を頭から締め出し、「この声はこのキャラクターが発している声だ」と思い込むことだけだった。

 

からニコニコ動画なんかでキャラクターが喋っているとき声優存在を思い出させるようなコメントが付くと嫌悪感で吐きそうになる。

何で皆この事実に平気でいられるんだろう?

何で平気で声優について語れるんだろう?

 

例えて言うなら、どんなに美しい少女でも、体を開けばグロテスク内臓が詰まっていて腸の中には大便が詰まっていると言ってるようなもんだ。そして彼らはそのグロテスクな臓器について喜々として語っている。

正気とは思えない。

頭がおかしいのか?

我々だって体を開けば中にグロテスク内臓が詰まっていることを知っている。腸の中には大便が詰まっていることも。だがそれらは喜々として語ることではない。

あえて見まいとしている暗部に目を向けてそれを持ち上げることになんの意味があるんだろう

僕には理解できない。

  • anond:20171118154441

    気持ちは分かるな 少し違うかもしれないが、アニメの作画をほめるやつらも俺は未だに受け入れられない。 言葉を借りるが、彼らはまさにアニメという全体でひとつの肉体をばらばらに...

  • anond:20171118154441

    とりあえずニコ動で見るなと言っておく

  • anond:20171118154441

    よくわかる 俺も声優の名前を一切記憶していないし、 作品を見ているうちはとにかく三次元の存在を認識しないようにしている 我々はアニメ好きのオタクの中でも少数派か、あるいは...

  • anond:20171118154441

    「中の人」って言葉も虫唾が走るよな 声優が中ならアニメーターは外の人かよ   声優のせいでキャラのイメージが損なわれた例とか腐るほどあるし 某AV騒動なんつう声優界ナンバーワ...

    • anond:20171119192408

      「正確を期するなら声優は外の人と言うべきだ」という突っ込みは大昔に入っている それを踏まえたうえで言うが、どうでもいいわボケ

    • anond:20171119192408

      キャラクターの外観や背景を作っている人だから「外の人」ってのは上手い表現だな。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん