2017-11-14

プログラマになりたいと思いつつも1コードも書かずに10年が過ぎた

正確に言えば25年が過ぎている。

子供の頃ゲームプログラマーになりたくて高校辺りで書き始めて、大学に通っている間にIT業界ブラック化が加速してると聞いて別の道に進んでそれからは一切何も書いてない。

それから別の業界に入ったけどそれなりに仕事は面倒くさくて、どうせ仕事辛いなら多少ブラックでもやりたい事やるか!でもその前に勉強しておくぞ!と思いながらも勉強なんてしないまま10年が過ぎた。

よくある話だ。

三十代、未経験勉強する気力なし、見事に今更プログラマになるメリットはない。

趣味ゲームを作ろうって熱も醒めた。

仕事で疲れて帰ってきてその後にお勉強なんてしてられるか。

アニメ見てゲームやって漫画読んで酒飲んで本読んでシコって眠って掃除して飯作って飯食って風呂入って風呂掃除してとにかく色々忙しいんじゃ。

多分同じような人生生きてる奴は沢山いるんだろうな。

IT業界に妙な幻想抱いてる奴、IT業界ブラックだという噂に過剰に怯えた奴、実際にITに言って本当にブラックで逃げ出してそれでもまたITやって見たいけど自分技術と年齢考えてやっぱ辞める奴、沢山いるんだろうな。

辛いぜ。

夢は呪いと同じなんだってのはウルトラマン台詞だっけ。

ギリギリまでどころかなんにも頑張ってないけどウルトマランがほしいよ。

よく考えたらウルトマンかいらんわ、プログラマになるのに何の関係もないし。

欲しいのは目を閉じた直後に1000000時間勉強したプログラミングスキルが手に入るような装置だ。

なんだそれ花さか天使テンテンくんじゃん。

こー◯んこー◯んこー◯んこー◯んこー

実に増田にふさわしいオチになった。

お後がよろしいようで。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん