2017-10-30

ばか [1] 【馬鹿・莫▼ 迦▼】

〔梵 moha(愚の意)の転か。もと僧侶隠語。「馬鹿」は当て字

( 名 ・形動 ) [文] ナリ

知能の働きがにぶい・こと(さま)。そのような人をもいう。 ↔ 利口 「 -な奴(やつ)」

道理常識からはずれていること。常軌を逸していること。また,そのさま。 「そんな-な話はない」 「 -を言うな」

程度が並はずれているさま。度はずれているさま。 → 馬鹿

役に立たないさま。機能を果たさないさま。 「スイッチが-になる」

特定物事に熱中するあまり社会常識などに欠けること。 「学者-」 「専門-」 「親-」

名詞形容動詞形容詞の上に付いて,接頭語的に用い,度はずれているさまの意を表す。 「 -ていねい」 「 -正直」 「 -騒ぎ」 「 -笑い」 「 -でかい」 〔 (1) 並はずれてお人よしなさまを親しみを込めて言う。また遠慮のない間柄の人に対して,その不手際批判する際に親しみを込めて用いる。「そんなことをするなんて,あいつも-だな」「あの-がいつまで待たせるんだ」 (2) 「そんなばかな」の形で,その事態が成立するはずがないという意を,驚きあきれた気持ちを込めて言う。「そんな-な,まだ着いていないの」〕

( 感 )

相手をののしったり,制止したりするとき発する言葉。 「 -,やめろ」 〔 (1) 「ばーか」と伸ばして発音すると,相手軽蔑する気持ちを表す。 (2) 「ばかばか」の形で,若い女性が親しい男性に対して,その意地悪な言動などを愛情を込めて批判する場合に用いる。「私の気持ちを知らないなんて,--」〕

[句]

馬鹿と鋏は使いよう ・ 馬鹿にする ・ 馬鹿に付ける薬はない ・ 馬鹿にならない ・ 馬鹿になる ・ 馬鹿の一つ覚え ・ 馬鹿休み休み言え ・ 馬鹿を言え ・ 馬鹿を見る

https://www.weblio.jp/content/莫迦

バカって仏教僧侶由来らしいぞ勉強になったなつまり語源的にはバカと言うたび仏教が立ち上がる訳だ

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん