2017-10-03

anond:20171003112757

 11日昼ごろ、札幌市中央区藻岩山登山口付近で、登山をしていた男女11人がスズメバチに刺されました。

 23日夕方東京港区芝公園で、子どもを含む11人がスズメバチに刺され、ケガをしている。

 東京消防庁によると23日午後4時すぎ、東京港区芝公園で「スズメバチに刺された」と通報があった。消防隊員が駆けつけると、3歳から9歳までの子ども6人と、20代から50代の大人5人の計11人が、ハチに刺され、ケガをしていたという。

 全員、病院搬送されたが、いずれも軽傷。

 スズメバチの巣が、公園の土手の斜面に埋まるかたちで作られていて、消防隊が地中に薬剤を入れ、駆除したという。

 24日には、サッカーJ2長崎で場外イベントとして開催予定だったイベントが、スズメバチの飛来を受けて中止された。7月には東京都あきる野市宿泊施設幼稚園児ら23人がスズメバチとみられるハチに刺され、搬送された。

信州日本みつばちの会」の会長ハチ研究家富永朝和氏は「今年はスズメバチの巣の数が例年の2割増しで多い。4~5月の巣作りの時期が暖かい気候、適度な雨など、巣作りに適切な環境だったからでしょう」と指摘し、こう続ける。

「20~30年前はスズメバチミツバチ田舎しかいなかったものですが、近年は都会でも非常に増えている。田舎殺虫剤などによるハチ駆除がどんどん進み、都心部へ移動してきている。ハチにとっては、もはや都会の方が生きやす環境なのです」

 実は1年間で9~10月が最もスズメバチに気を付けなければならない時期だという。「今の時期は巣が幼虫で満杯の状態ハチ子供を守る執念がすさまじく、変わったことがあるとすぐ攻撃してくる。巣に近寄ったただけでも襲い掛かってくるでしょう」(同)

 スズメバチの毒は特定の血清がないため、刺されると死に至る危険性もある。厚生労働省によると、毎年20~30人がハチ毒のアナフィラキシーショックで死亡している。

 富永氏は「ハチの毒は個人の体質によって体内の毒の成分が変わるため、血清を作ることができない。1回刺されると体の中に抗体ができるのですが、2回目の場合、前の抗体と合わない抗体ができてしまうとじんましん、目が見えなくなるなどの症状が出ることがあります」と注意喚起している。

 県は27日、特定外来生物であるツマアカスズメバチ」が25日に壱岐市で2匹確認されたと明らかにした。対馬市以外の県内で見つかったのは初めて。

30日午前8時40分ごろ、岩手県一関市蘭梅町の中里小学校付近で、近くの「龍澤寺こども園」の園児たちがハチに刺されたと119番通報がありました。

警察によりますと、刺したハチスズメバチと見られ、園児保護者合わせて14人が救急車病院に運ばれました。いずれも症状は軽いということです。

園児たちは、中里小学校で開かれているこども園運動会に参加するため、300メートルほど離れたところに車を止めて小学校に向かう途中、ハチに襲われたということです。

現場一関市役所からキロ余り離れた山のふもとで、襲ってきたハチはおよそ20匹ほどだったということです。

http://www.htb.co.jp/news/archives_1505119700_11003.html

http://www.news24.jp/articles/2017/09/23/07373400.html

https://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/776485/

http://www.nagasaki-np.co.jp/news/kennaitopix/2017/09/28090210052563.shtml

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170930/k10011162961000.html

んーまあスズメバチが見慣れぬ団体を襲ったり見慣れぬスズメバチ捕獲するとニュースになると言う事はとりあえず分かる

緑被率との関係は…まあスズメバチ11人を刺した港区を見ると

区全体では、緑被地面積は 452.26ha で、緑被率は 21.78%であった。

https://www.city.minato.tokyo.jp/ryokukasuishin/kankyo-machi/kankyo/chosa/documents/midorinojittai9_3.pdf

んーまあ緑被率21パーセントでドヤってんじゃねえぞ港区風情がってディスっとけばなんとかなるんじゃないでしょうか

記事への反応 -
  • スズメバチが多い

    東京都中野区在住。 今年はスズメバチが多い気がする。 道路に転がっている死骸をよく見る。 飛んでいるのも見かける。 あの羽音がめっちゃ怖いです。

    • anond:20171003100818

      2007年に行った第四次緑の実態調査におけるみどり率は、中野区全体で17.5%でしたが、点在する小さな緑が多く、まとまったものは少ない状況にあります。また、既存の樹林地なども、...

      • anond:20171003102226

        緑は減っているってことか

        • anond:20171003103450

          その通り!ザッツライト!

          • anond:20171003103929

            緑が減っている=スズメバチの数は… どうなるのだろう? 巣を作れる緑が減るということは、単純に数が減るのではなく、 そのまま住宅街で巣を作っちゃうってことか。

            • anond:20171003112757

               11日昼ごろ、札幌市中央区の藻岩山の登山口付近で、登山をしていた男女11人がスズメバチに刺されました。  23日夕方、東京・港区の芝公園で、子どもを含む11人がスズメバ...

              • anond:20171003123549

                ありがとう。 貼り付けてくれた記事の中で、 田舎で殺虫剤などによるハチの駆除がどんどん進み、都心部へ移動してきている。ハチにとっては、もはや都会の方が生きやすい環境なの...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん