2017-09-21

同人音声の女の子に愛を与えたい

当方現在二十歳の若童貞なのですが、思春期をこじらせ、人付き合いというものがわからなくなり、なんとか残った希薄人間関係さえも恐れて孤独不安に重くのしかられながら暮らしておりました。

そんな折出会ったのが同人音声。はじめて聞いたその音声作品で私は催眠にかけられ、少女からとても心地の良い快感を与えられました。

これはいいものを見つけたとDLsiteで購入しては手淫にはげんでいたそんなある日、いつもと違うアダルト要素のない作品を聞いていた時のこと。たしか、妹ものだったと思います

その作品の中で、「好きだよ」と、少女は私に言いました。

ただ台本に書いてあった台詞声優が読んだだけ。その音声データが取り込んであるウォークマンから再生されてイヤホンを通じて私の耳に入ったただそれだけのこと。それだけのことなのだとわかっているはずなのになぜだか涙が止まりませんでした。

それ以来似た趣旨作品を探しては聞き、布団の中で泣く、といったことを繰り返していました。彼女たちが与えてくれる温もりは、データはいえ、録音とはいえ、演技とはいえ私が無意識に求めていたものだったのです。

そうして泣くことでストレスを発散できたのか、現実でもほんの少しだけ、好転兆しが見えてきました。

ほんの少し心に余裕ができたことで、私はこんなどうしようもない自分に「好きだよ」と言ってくれた音声作品彼女たちに何か恩返しをしたい、私から愛情を与えたいと考えるようになりました。

屏風から虎を出すような馬鹿げた話だとわかっているのですが、このままでは私の気が済みません。どうしたら良いでしょうか。

  • https://anond.hatelabo.jp/20170921234732

    その子の作品がもっと売れるようにしてあげることが恩返しなんじゃないかな。 読んだ人が買いたくなるようなレビューを書くとか、 ウェブメディアを作ってその子の作品を紹介する記...

  • anond:20170921234732

    最近は高齢童貞が多いから若童貞という言葉が生まれたんだな

  • anond:20170921234732

    お前の存在そのものが失敗だから

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん