2017-08-22

横浜ポケモンイベントが楽しかった話

ちょっと時間経っちゃったけど、楽しかたから書く。


ちょっと前に横浜で開催されていたポケモンイベントで、嫁と遊んできた。

たまたま関東に行く用事があったのでそのついでではあったが、行ってよかった。

最終日でしかも雨、ということで人が少なくて遊びやすいんじゃないかなぁと期待してたが完全に目論見がはずれてしまった。

というのも、僕が降り立ったみなとみらい駅は僕らが住んでいる田舎の駅とは違って、どこを見渡してもスマホ片手の人でごった返していた。

ピカチュウサンバイザーをつけた子どもたちやその両親、50代くらいの夫婦ポケモンガチ勢的な感じの人まで本当に沢山いた。

まさにポケモンお祭りだった。老若男女、大人子供も、みんなポケモンで楽しそうに遊んでいた。

僕らも駅に降りた後すぐに、それまで捕まえたことのなかったミルタンクをゲットして、二人でやったーと喜んでいた。


嫁も僕も、昨年ポケモンGOが始まって以来、ずっと遊んでいる。僕らは初代ポケモン小学生の頃に流行した世代である

僕は、ポケモンGOが始まった昨年夏ごろは、ポケモンGOで遊ぶのは僕らや下の世代だろうと思っていた。

ところがポケモンGOスタートして1年、僕らや下の世代だけでなく、上の世代の人たちも(もしかしたら僕らよりもよっぽど)遊んで、楽しんでいる。

今回のお祭りは、みんなが楽しんでいる様子がまさに自分の目の前に広がっていて、お祭りが終わった後の帰りの電車で、みんなが楽しんでいる空気、それそのものが楽しかったなぁとぼんやり考えていた。


ポケモンGOは、それぞれの楽しみ方でみんなが楽しめて、かつ同じ空気を共有できる不思議ゲームだなと思う。

嫁や僕は、どこかに出かける時にポケストップクルクルしたり、コダックを捕まえたり、たまにレイドバトルをするだけなのだがそれがなんとなく楽しいのだ。

捕まえたバリヤードタップして、手をクルクルする動きをみて笑ったり。フシギダネタップすると上の球根みたいなやつがボイン!とするのも楽しい

きっとジムに沢山自分ポケモンを置いたり、レイドバトルで一番になることを目指して楽しんでいる人もいるだろう。

みんなが楽しい。それがいい。


とにかく、とりとめのない話になってしまったが、ポケモンという、僕らが子供の頃夢中になりすぎて親に怒られてしまったこともあるくらいの思い出のゲームが、形を変えて今や僕らの親世代も楽しませている、そのことで(別に僕はまったく何も関わってないただのイベント参加者だけれど)なぜか嬉しくなってしまったのでこの文を書いてみた。

またイベントがあれば、参加したいな。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん