2017-08-16

東京って住み辛くね?

またこの話題か、と思うかもしれないが、書きたくなったので書く。

東京って、街の規模に対する人口許容量みたいなものがあったとしたら、明らかにオーバーしているのではないだろうか。

東京が抱えている問題の多くは、人の多さに起因している。

高止まりしている住居コスト言わずもがな、久しく言われている待機児童、待機老人の問題もそうだし、

満員電車などの交通インフラ限界災害リスクなど、どれも喫緊問題ばかりだ。

人が住める延べ床面積が増え続けても、空間物理的に広がるわけではないし、

外にほとんど出ない人間はやっぱり少数派だろう。街はどんどん狭くなる。

深夜に出歩いて必ず人が歩いている光景は、刺激は多いかもしれないが、やはり特殊環境だと思う。

東京に住んでいる人の中で、仕事のために、仕方なく住んでいる人が、もし多くいるのだとしたら、

なんでみんなでこんな不幸な思いをしているのだろうと馬鹿らしくなる。

からイケダハヤト氏のように、いきなり高知移住しよう、とは思わないが、

適度な環境が整った、魅力ある地方都市が、日本にはとてもたくさんある。

つきたい仕事さえあれば、東京脱出したい、と思う人は結構いるんじゃないだろうか。

そうした方が、個人も、国も幸せになれるなら、そうした方が良いに決まっている。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん