2017-08-02

精神崩壊する人間方程式(実話)

ここ5年間で精神崩壊した人間を3人みた。

部下の取締役取引先の社長・元上司社長

3人とも私よりも仕事がデキる優秀な人間

しかし、いまやただの廃人

マーチ以上の有名大学をでて順風満帆人生を送っていたはずの

彼らがなぜ、精神崩壊したのか?

個人的にも興味があったので彼らの共通点を考えてみた。

・酒に酔うと気が大きくなる

女好き

タバコを吸う

コミュ力が高い

利己的な性格

酒、女、喫煙に関しては優秀な人間だろうがまま見られる。

コミュ力は、社会人出世する上での必須スキルなので共通項とするには脆弱

一番の共通項は、利己的な性格だと思う。

彼らは、コミュ力仕事はうまくいっても、他人との本当の信頼関係は築けない。

利己的でも優秀じゃないやつはDQN人生で、DQN仲間とそれなりに楽しい人生をおくるだろう。

しかし、優秀で利己的な場合はキツい。

社会的レイヤーが上になればなるほど、信頼関係で成り立つ範囲が広がっていく。

学閥にしても忖度にしても、能力うんぬんより、人間人間との信頼で成り立っている。

その中では、利己的な人間必然的に行き詰まる。

賢いがゆえに、自分限界にも気がつき、正常な精神を保てなくなるのだろう。

はい御愁傷様w。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん