2017-07-10

Webアプリを作るときにどの言語/WAFで書くべきか

使ったことあるモノもないモノもごちゃまぜにして経験雰囲気で書いてる。

PHP

Laravelは結構好き。DSL過ぎず、それなりにフルスタック生産性もいい。

何よりLaravel本体ソースコードが読みやすいのがいい。

まともな日本語情報が少ないのは弱点だけど、気になったところは本体コードを読めばすぐに分かる。

最大の欠点PHPってことだ。他のLL言語に比べてPHP自体生産性は低い。セキュリティ面の不安も大きい。それに安心して後を任せられるようなPHPerは一握りしかいない。

Perl

Mojolicious結構好き。これもDSL過ぎず分かりやすい。CPAN豊富ライブラリ群もある。

Perlは可読性が悪いなんて言うけど、ちゃんとしたライブラリ普通に読みやすいよ。

最大の欠点Perlってことだ。長期的に開発者を集めることを考えたら茨の道だろ?

Python

今でこそ機械学習Pythonが人気になっているけど、Web系はまだまだマイナーだ。

Djangoプロジェクト/アプリケーションという構成単位の考え方が好きじゃない。理論的な利点は分かるけど、現実問題それが必要になるケースが浮かばん。

Django以外でフルスタックのWAFが出てくればいいんだけど。Tornadoはフルスタックじゃないのでちょっと違う。

Python3で安心して開発できるならアリだと思うけど今はどうなの?使いたいライブラリが3系に対応していないとかで躓きたくないよ。

あと単純に速度が遅いよね。いや書き方を気をつければマシにはなるんだけど、書き方を気をつけなければいけない時点でつらい。

Ruby

Railsは便利だ。周辺ライブラリの充実度もすごい。情報玉石混交だけどまともな情報もたくさんある。

ただあまりにもDSL過ぎる。Railsプログラミングではなく、一つの巨大なDSLだ。

Railsプログラマの何割が、少しでもいいかRails本体ソースコードを読んだことがあるのか。めっちゃ読みにくいんだけど。Rubyは可読性が高いなんて嘘だろう。Perlと一緒でちゃんとしたコードは読みやすいけどそれはプログラマ依存する話で、言語自体に可読性の高さはない。言語思想の通り書くのは楽しいよ。でも読むのがつらい。

Rails自体DSLみたいなもんなのに、RSpecやらRakeやら周辺ツールDSL意識高すぎる。

問題があった時にググらずにコード読んで解決できるRailsエンジニアはどれだけいるのか。情報量が多いからググれば解決すると答えるやつは、底辺PHPerと大差ないからな。

あとバージョンアップ追従するのが面倒過ぎる。でも放置したら負債になるし。意識高くRailsで開発したやつの大半はバージョンアップやらの保守に入る頃にはもうそプロジェクトはいないんだろ?だからそのつらさを知らないんだろ?

散々罵ったけど、このDSLを覚えれば生産性が高いのは事実だ。だから結局ついていく確率が高い。モテ男なんだよ結局こいつは。

Java

SIerさんに敬礼

Scala

Playが王道だけど最新バージョンになるほど情報が少ない。このあたりがRailsと違う。公式(英語)とか本体コードを読める人じゃないとつらい。

そもそもJava、というかJVM周りの知識がないと本番運用はつらいだろう。LL言語運用経験しかない人は特につらい。LL言語でいうhot deployみたいなことがしたい時のやりかた分かってる?

コンパイルの遅さに耐えて開発し、運用時のGC問題を乗り越え、黒魔術を味方につけてライブラリコードリーディングが出来るならいいんじゃないか

動作は早いし、言語のものは強力だ。

Scalaを好むプログラマ関数型やらDDDやら意識高い人が多い。別にScala自体にそれらは必須ではないけど、そこら辺を意識しないならJava8でいいんじゃないかとも思う。

Node.js

非同期処理で開発することの難しさに耐えられるの?

ベストプラクティスがなく、移り変わり激しいJS界隈に流されてオレオレで書いたコード保守する自信があるならいいんじゃない。俺はない。

Go

API単体ならともかく、画面も担う普通Webアプリを書くような言語じゃない。少なくとも今は。

正確に言うと書けないことはないけど、Webアプリに関する周辺ライブラリの不足を乗り越えてまで書くメリットほとんどない。

ClojureとかElixirとか

運用実績ノウハウが少ない中で、自分で乗り越えていく気概があればいいんじゃない

結論

完璧選択などない。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん