2017-07-02

【酷過ぎ】宣伝会議コピーライター養成講座」がヤバかった体験

「コトバは時々奇跡を起こす」

などの広告で有名なあの講座「コピーライター養成講座」。

92500円(税別)と割高めの講座料金でこれは酷い。(企業研修でもよく使われてるので)企業研修担当の方、広告勉強意欲がある方はほんとお気をつけください。

通っていたのは、

コピーライター養成講座拡散クリエイティブコース

公式

https://www.sendenkaigi.com/class/detail/copywriter_fhm2015.php

色んな分野の第一線で活躍されてる方に登壇いただくスタイル

宣伝会議さんは、場の設定をするだけなのですが、その運営があまりに不誠実でした。

自分だけでなく周りの方が受けた対応含め、下記列挙します。5つあって5が1番ヤバイです。

⒈ 【講座開始の四日前に延期の連絡】

最初2月25日(土)の開講予定だったのでそのように予定を抑えていたのですが、

21日に開講日を一ヶ月遅らせるという連絡。

当然講座の終了も一ヶ月遅延に。

申し込む時点でもう予定が入っていてしまったのですが。全10回の講座で4回分通えないリスクが申し込み後に出るってどうなのか。

ちなみに延期理由は最少開催人数に満たなかったから集める期間がもう少し欲しいとのこと。

そんな注意事項は申し込み時にどこにも書いてなかった。

2.【機材テストしてない】

機材の調子が悪く映らないと言ったことが頻発。

2時間しか講座時間ないがそれで結構時間が取られる。同じ教室で同じマイクなのに、同じミスを繰り返す。

3.【渡すと言った書類は渡さない】

欠席の際「後日紙で講座資料は渡しますね」といっていたが渡してくれない。

4.【提出した課題確認漏れ

この講座は「〇〇が売れるアイデアを」のような課題講師の方にいただきそれを提出、フィードバックをもらうという実践型の部分もあります

一線で活躍されてる方にフィードバックをもらえる貴重な機会で講座の肝。

提出した課題フィードバック用のパワーポイント作成してくださる先生もいました。

受講者側も業務の合間を縫って作成

しかし、宣伝会議会議に提出した課題宣伝会議運営が、確認漏れ(宣伝会議から先生に渡されるかたち。講師の連絡先は公開できないため)

その数名分資料先生に渡らず、フィードバックはもらえませんでした。

5.【講座の休講の連絡が遅すぎ】

これが1番ヤバイ

6/10はあのヨッピーさんの講座の予定でした。

「ただ確定ではないので、6/5までに連絡します」

とのこと。

しかし、5日には連絡はなく、結局連絡が来たのは前日の6/9。そして内容は、

____

次回の講義6月10日(土)を予定しておりましたが、

講師の方のスケジュール調整がどうしてもつかず再度調整中となります

6月17日(土)にて調整を進めますので、

6月12日(月)には再度ご連絡をさせていただきます

お忙しいところ恐れ入ります

引き続きよろしくお願いします。

____

とのこと。

そしてまた、12日には連絡がなく、次に連絡が来たのはなんと当日17日の11時。

___

次回の講義本日6月17日(土)を予定しておりましたが、

現在講師の方と連絡が取れておらず、

本日の開講を再度延期させていただくたく存じます

スケジュール土曜日の同時間にて再度調整を進めますが、

当初お伝えをしておりました候補日より先にリスケジュールのため、

最終回についてはご受講できない方に向けてビデオ撮影を行い

オンライン配信の手配をさせていただきます

誠に申し訳ございません。

再度ご連絡をさせていただきます

どうぞよろしくお願いいたします。

_____

何故もっと早めに連絡をしないのか。

土曜の夜の予定を空けておくために遊びの予定もキャンセルしたというのに。

そしてさらに、7/1の現在、結局運営からそのキャンセルになった講座をどうするかの連絡はないです。

問い合わせを運営に2週ほど前からしても、スルー状態

以上です。

さすがにこれは酷いな〜

という感じたので、そして運営からメールしてもスルーされる現状で改善の見込みも感じないので、注意喚起のために書かせていただきました。

最少開催人数いかいくらい人数少ない講座なので身バレリスクありますが。

コピーライター 養成講座 評判

とかで検索しても似たような記事は見かけないですが。

プライベート時間の相当と高額料金を払う講座なので、皆さんお気をつけください。

長文最後まで読んでくださりありがとうございました。

-----

【2017/07/04 追記】

https://anond.hatelabo.jp/20170704123541

その後についても、記事にまとめました。

記事への反応 -

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん