2017-06-19

クジラックス漫画って、むしろポリコレ的に正しいでしょ?

例の漫画

あれは「女はレイプされると気持ち良くなる」とか「女はレイプの途中から感じて喜びだす」というシーンが一切ない。

作中では徹頭徹尾レイプ被害者少女にとって痛々しいものとして描かれている。さら事件後にはトラウマとなってしまい、少女はもとの日常生活に戻ることができない。

  

加害者である主人公は、容姿が汚らしい中年男であって、キャラクターとして憧れる要素が皆無である

悪人をかっこよく描くフィクション作品が多い中で、本作の主人公にはまったく魅力がなく、まったく同情の余地もない。

  

なので、すなおに読めば、「レイプ被害者を苦しめる」「レイプをやる奴は卑劣犯罪者だ」という内容になる。

あの漫画にこれ以外の解釈をほどこすことは、ほぼ不可能だと思われる。

  

本作におけるレイプとは、おぞましい暴力である

多くのポルノ作品レイプ被害者の受ける苦しみをごまかし、加害者行為正当化してみせているのに比べると、本作はそれをぜったいに正当化できない悪として描ききっている。

レイプに対するこういう認識は、ポリコレ的にきわめて正しいものだろう。

トラックバック - https://anond.hatelabo.jp/20170619174431

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん