2017-06-13

献血に行ったけど献血できなかった

街に出かけたら、予定が狂って2時間ほど空いてしまった。暇を持てあましてウロウロしていると広場みたいなところに献血車がいて、スピーカーでがなっていた。


献血にご協力ください!」「すべての血液型が不足しています!」などなど。


「通り過ぎていくあなたに呼びかけています!」みたいな、ちょっと刺激的な文句もあった。


献血でもしていくか、と思った。前から献血に興味があった。

定期的に行くという友人は何人かいる。自分は元々モヤシっ子で、今は平気だけど貧血になりやす子供だったせいでどうも勇気が出なかった。普段は忙しくてスルーしてたのものある。時間もつぶせるし社会貢献になるし血液検査も一緒にしてくれるらしい、一石三鳥じゃんと思った。


看板を見たら、200mlと400mlがあるようだ。400は怖いけど200なら行けると思って受付に行った。ガラガラテントの中で係の人が出迎えてくれた。

初めてですと言ったら注意書きの紙を何枚も渡された。あと記入用のボード


注意書きには「不特定多数セックスしていませんか」とか「男性同士でセックスしていませんか」とか「どこそこの国の出身ではありませんか」とかズラズラ書いてあった。一応全部読んで、あてはまらないことを確認した。

それから献血後の注意点を係の人が説明してくれた。吐き気めまいが起きた場合対処法も紙に書いてあった。氏名年齢体重やら住所やら、ボードに一つ一つ記入した。


そういう、意外にというかやっぱりというか綿密な手続き確認が終わって、ボードを返したら係の人がムッという顔をした。

「200mlに丸をつけてますが、400mlお願いできませんか」


ヒヤッとした。

「初めてなんで怖いんで、200でお願いします」

「いや、この体重だと400ml採れるんですよ。針も変わりませんよ」


係の人が言うには、男女別に基準となる体重があって、それ以下だと200mlしか採っちゃいけないらしい。確かに体重ギリギリその基準を超えていた。

でも、200mlならマグカップ1杯くらい。400mlだとどれくらい?マクドナルドコーラのLサイズくらい?

かい紙コップになみなみ入った血を想像してぐらぐらした。子供の頃に貧血で何度も倒れたあの感じがよみがえってきた。


すみません、どうしても怖いです。200にしてください」

「でも、あなたはこの体重なので」

「400しか選べないってことですか?」

はい


ちょっと考えて、

「ごめんなさい。やっぱり止めます」と言った。

係の人に記入用紙を返してもらってテントをそそくさ出た。


体重基準以上だと提供する量が選べないなんて知らなかった。献血車看板は『(400mlを)お願いしています』という書き方だったから、あくまでお願いだと勘違いしてしまった。係の人に長々説明させたのに断って出てきてしまった。


全面的自分が悪いんだけど、なんかモヤモヤとした気持ちが晴れない。お前の血なんかいらねえよと拒絶された気分だ。あれだけ血液が不足していますと叫んでいたのに、自分の血はいらなかった。

ビビリの血だけど、200ぽっちだけど献血たかった。


それに係の人が繰り返した「あなた体重なら400mlです」という言葉

こっちの恐怖や不安はまるごと無視して、どうやって血をしぼるかだけ考えてるみたいだった。マッドマックスにそういうのがあった。主人公が「血液袋」って呼ばれるやつ。

献血車スタッフをするくらいだから志のある人なんだろうけど、人間のこと、血の詰まった袋にしか見えてないんじゃないのか。

こちとら怖がりも痛がりもする人間なんだけど。ああ、モヤモヤする。


【追記】

たくさん反応があって驚いた。

今回の出来事インパクトがあったのは、他人不安をこんなにあっさり無視する人がいるのか!ということだった。

(たとえ杞憂でもその不安はあるものと認めるところから会話が始まると思ってたので)

係の人のマニュアル対応が間違いだったとは思っていないです。

団体目的からして、同じ手間がかかるなら多く採れる方がいいのは当然だし。

大勢の人が教えてくれたけれど、輸血は複数人の血よりひとりの血を使う方がリスクが少ない、200mlの需要ほとんどない、といった事情は知らなかったし、思い至らなかった。それが知れてよかった。

次機会があれば献血ルーム成分献血をしてみようと思う。

肯定的意見否定的意見もぜんぶ読みました(たぶん)。どうもありがとう

  • http://anond.hatelabo.jp/20170613022735

    あれって何なんだろうな 献血係の仕事には個人の裁量の幅がなくて 400ml搾り取るマニュアルを厳守しないと怖い上司に殴られる世界なんかな

  • http://anond.hatelabo.jp/20170613022735

    ノルマがあるから仕方が無い、 血を上納しなくちゃいけないからね。

  • http://anond.hatelabo.jp/20170613022735

    ダサい増田だな、という感想しか浮かばなかった

  • 磯野! 成分献血に行こうぜ!

    http://anond.hatelabo.jp/20170613022735 献血は『全血献血』『成分献血』の二種類があって、さらにこれから 『全血献血』に『400ml』『200ml』の二種類(どちらをするかは、献血側の判断)に、 ...

    • http://anond.hatelabo.jp/20170613143320

      成分のメリットは認めるが、採血時間が長くなるデメリットもあるから、一概には勧められん。 200mlで献血しても使いにくいから、出来るだけ400mlにして欲しいという医療側からの要望...

      • http://anond.hatelabo.jp/20170613152350

        でも体重が軽い人から400ml採取すると健康上リスクがあるんだろ? 結局、選択肢など提示せずただ単に体重がXX以上なら400mlいただきます、それ以下なら200mlですと記載すればいい話だよ...

    • http://anond.hatelabo.jp/20170613143320

      もう5年くらい前だけど、献血してみようと思って下調べしたら、200はあまり推奨されてないので成分献血おすすめっていろんなところに書いてあったので献血ルームに行ってみた。 は...

  • http://anond.hatelabo.jp/20170613022735

    ハゲだから献血できない(´・ω・`)

  • anond:20170613022735

    輸血の際に大人数の血よりも少人数の血を使ったほうが副作用反応等でのリスクが減るから400mlを勧めてるから、200mlだけの場合ほとんど輸血として利用価値が低い。 そういうこともちゃ...

    • http://anond.hatelabo.jp/20170613160505

      200ml献血の価値が相対的に低いのは献血センター側の理論であって献血者側の理論ではない。 献血にいって400ml献血を断る権利は献血者側にはあるし、献血センター側が強制する権利はな...

      • anond:20170613160835

        日本赤十字社のHPに「日本赤十字社では、輸血を受ける患者さんへの安全性をより向上させるために、献血基準を満たした方には400mL献血のご協力をお願いしています」という輸血を必要...

    • http://anond.hatelabo.jp/20170613160505

      バカはお前だよw 何の注意書きもなく普通に200mlか400mlを選べるようなフォームなんだから、選択をそのまま尊重するのが当たり前。献血ルーム側の都合なんて知ったこっちゃないし、都...

  • http://anond.hatelabo.jp/20170613022735

    献血しまくって表彰されている俺だが、成分献血しかしてない。 400mlなんて怖いじゃん。 でも、成分献血の取ってる量は600mlぐらいだったはず。 それでも成分献血のほうが体に優しそう...

  • anond:20170613022735

    400なら1回のリスクですむところ200だと2倍のリスクだからね、受ける側にとって。 自分が肝炎やエイズでも知らないで献血しちゃう人は絶対にまざってくるし、検査でも検出...

  • http://anond.hatelabo.jp/20170613022735

    献血好きの友だちについていって、献血ルームでいろいろ質問に回答記入してハイハイと血を抜かれたあと、回答にあった「輸血された経験あり」に担当者が気付いて献血NGだったことが...

  • http://anond.hatelabo.jp/20170613022735

    じゃあなんで選択肢があるかのようにように錯覚させるんだ?て疑問に思って考えたんだが、ようするに400は体調不良になる人が多いんだろうな。 それで献血者が自分で選んだというこ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20170613022735

    献血しないんなら輸血も受けるなよ 「世の中助け合い」とかいうけど、税金でも献血でも、そんなのは嘘っぱちで、助けられる奴は一方的によりかかって助けられるばかりだ

  • http://anond.hatelabo.jp/20170613022735

    献血しないんなら輸血も受けるなよ 「世の中助け合い」とかいうけど、税金でも献血でも、そんなのは嘘っぱちで、助けられる奴は一方的によりかかって助けられるばかりだ

  • http://anond.hatelabo.jp/20170613022735

    自分も同じようなことがあった。 400mlで気分が悪くなったことがあるから200mlから慣れていきたいと伝えても駄目だった。 間を取って300mlなら再挑戦できるかも。

  • http://anond.hatelabo.jp/20170613022735

    勘違いさせてしまった献血ルーム側も悪いかもしれないけど、基本的に、200ml献血は 「献血ルームが必要であれば募集できる」であって、 「献血者が選べる」ものではないと考えたほう...

    • http://anond.hatelabo.jp/20170613225853

      なら必要に応じて200mlという選択肢を外せばいいし、そうする義務は献血ルーム側にあって、献血提供側には無い。 献血ルーム側の怠慢から生じた混乱を提供者側におしつけてんじゃな...

      • http://anond.hatelabo.jp/20170614014937

        うるせえな だから一生お客様は神様だと思い続けて牛丼屋に通って死ね 献血ルームに近づくな サービス業じゃねえっつってんだろ怠慢だの何だの コンビニと牛丼屋に一生通って死ね 血...

        • http://anond.hatelabo.jp/20170614070749

          バカ乙。 献血ルームの対応がまずいから結果的に採血の量が減ってるのも理解出来ないんだろうな。 それは俺が献血したことがあるかどうかとは関係ない。糞味噌いっしょくたにしてフ...

    • http://anond.hatelabo.jp/20170613225853

      食べもんとかいらんから金欲しい

  • http://anond.hatelabo.jp/20170613022735

    増田には全く非はない。フォーム上で200mlか400mlか選べるなら選択を尊重するのが当たり前。体重が軽い人が400mlを選ぶのは健康リスクがあるが、重たい人が200mlを選ぶのは何ら問題ではな...

  • http://anond.hatelabo.jp/20170613022735

    感染症の保持者であることがわかって、来ないでくれといわれたという話かと思ったら、そうじゃなかったのか。 生まれた頃には見つかっていなかったウィルスで、母子感染していたら...

  • http://anond.hatelabo.jp/20170613022735

    事情を知らない人間の不安なんかより実際にあるリスクのほうが重視されるのは当然だろう。 でも使いづらいから受け付けないっていうのなら200mlの制度自体止めてしまえとは常々思っ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20170613022735

    最近行ってないのでよくわからないけど、以前は実際の採血前に少し血をとって、 血液の濃度か何かを測っていた。 血をなんか液体の入った容器に垂らして、それが浮くと取れない、沈...

  • https://anond.hatelabo.jp/20170613022735

    そもそも血が必要な人の為に、というボランティア精神ではなくて、献血の体験をしてみたかったいう下心で受けてるからそうなるだろうね 400は確かに怖い。マクドナルドの容器で例え...

  • https://anond.hatelabo.jp/20170613022735

    そもそも血が必要な人の為に、というボランティア精神ではなく 献血の体験をしてみたかったとか 増田含めSNSでネタにする事ありきの下心で受けてるとそうなるだろうな

  • はてブはやっぱりただ言いたがりの巣だね

    はてなブックマーク - 献血に行ったけど献血できなかった http://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20170613022735 献血に行ったけど献血できなかった https://anond.hatelabo.jp/20170613022735 たまたまど...

  • https://anond.hatelabo.jp/20170613022735

    献血初めて行った時に血管細くて見えないって断られた それから行ってないな

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん