2017-06-08

研究者、諦めました

研究者になりたかった。

から探求心旺盛で、虫眼鏡を持って空き地を歩いたり、図鑑を端から端まで読んだりして、気づいたら研究者が夢になっていた。

中学校に上がって嫌がらせにあっても、(自分には夢がある、こいつらに潰されていい人間じゃない)と思うことでなんとか耐えしのいでいたし、高校時代には特に興味のある研究分野を見つけ、その研究をやってる研究室を探したり、その研究室教授の本を読んだりもしていた。

そして大学受験第一志望には落ちたもの大学院でそこに行けばいいと割り切って、後期で受かった大学入学し、希望の分野とは少し違う分野の研究室に入った。

『この分野を研究する第一人者になる』という夢が若き私を支え続けていたのは確かだった。

そして3年の終わり、いくつか希望研究室訪問した。

ある教授お話させていただいた時、「君の問題意識はどこにあるの?」と聞かれ、はじめて気づいた。

私、研究者向いてない。

自身典型的なENTP気質

新たな知見を得ることが好きで他人議論することを望むけれど、飽きっぽくて一つの物事を突きつめる前に他のものに手を出してしまう。

もちろん高校生の時からこの研究テーマがやりたいと思ってたので、その分野に対する知識はそこそこある。

けれども研究者になるためには、更にその問題に対してどうアプローチしていくかまで考えないと論文なぞ書けない。書けるわけがない。

私は漠然研究室内でできる範囲研究をしようと考えていたけれど、そもそもその研究分野にこういったアプローチがしたい!そしたら新規性がある!って言えないとこの研究室に行く意味など、いやそもそも研究をする意味などない。

それすら持たずなんとなくこの分野のなにかをやれたらいいと思う程度の人間が真っ当な研究者になれるだろうか。

気づくのが遅い。

研究室訪問後、駅のホームで泣きじゃくった。訪問後しばらくして、訪問先の研究室受験しない旨のメールを出した。

ある研究室の方には「とても残念です…」とお返事をいただいてまた泣きそうになった。私もあなた研究たかった。

外部院進を考えていた私は就活などしていなかったため、現在所属する研究室に内部進学して、院で就活することに決めた。

そもそも今いる分野の方が就職は確実にいいだろう…それに学部から院まで同分野にいた方が、日本では専門性が高いとみなされて内定をもらいやすい。

ただ、これまで研究者になるという夢のようななにかを軸に生きていた私にとっては、アイデンティティの損失というべきだろうか、物事に対する選択基準を一つ失った気分である

一応技術職志望だけど、もう自分研究は無理だと気づくとそこから離れたい気もしてきて、院卒文系就職もありだな…とか考えている。

自分の軸がないとこんなに不安定なんだな…って20過ぎて気づく自分の愚かさよ。

自分に適性がないことにもっと早く気づきたかった…そしたら学部就職たかもしれないのに…。

でも中途半端就活してしまったら、それはそれで院行けばよかったかなって後悔してたのかもしれない。こんな軟弱者のことだし。


追記です→http://anond.hatelabo.jp/20170609195742

正直ここまで反響あると思っていませんでした。なんだか申し訳ないです。

記事への反応 -
  • http://anond.hatelabo.jp/20170608221303

    いや学部3年で気付くとか全然遅くないでしょ フツーすぎる

  • http://anond.hatelabo.jp/20170608221303

    文章読んだ感じしっかりとした人みたいだし院に行くぐらい頭いいのになんかもったいないな… 文系就職に行きたくなるのはよした方がいい気が

  • http://anond.hatelabo.jp/20170608221303

    所詮この世は弱肉強食 強ければ生き、弱ければ死ぬ

  • http://anond.hatelabo.jp/20170608221303

    自分もあなたと同じく、最近(?)、研究者をあきらめました。あなたとの違いは、私がもうアラサーにさしかかろうとしている点でしょうか。 学部は飛び入学しました。諸事情があって修...

  • http://anond.hatelabo.jp/20170608221303

    某研究機関で働いている研究者の立場から言わせてもらうと、学部3年では問題解決はともかく問題発見の能力は流石にないと思うので、院に進んで実際に研究を行ってみて判断したほう...

  • http://anond.hatelabo.jp/20170608221303

    昔、特任助教やってた者です。継続して研究者やってます。 結論から言えば、とりあえず卒論やってから決めても全然遅くないですし、修士2年やって就職してから職場で問題意識を持...

  • http://anond.hatelabo.jp/20170608221303

    素晴らしい教授がいて良かったというか不幸中の幸いって感じか

  • http://anond.hatelabo.jp/20170608221303

    お前は自分に厳しすぎるせいで鬱病になって死ぬタイプだから気をつけてね

  • http://anond.hatelabo.jp/20170608221303

    諦めるのはやすぎる、ということのほかにもうひとつ。 自分は何もしらない、自分はなにもわかっちゃいない、じぶんは何もできない。 それこそが研究者のスタートラインだぜ。 そこ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20170608221303

    だがお前は戦った! 夢のために渾身の力で戦った! 結果は満足のいくものでなくともそのことに変わりはない! のんべんだらりと過ごすのではなく、夢のための努力のために使った! ...

  • 研究者、諦めました 追記

    http://anond.hatelabo.jp/20170608221303の増田です。 どこかに気持ちを吐露したくなって投稿したら、まさかこんなに多くの方に反応していただくとは思っておらず、恐縮です。 正直言葉足らずな...

  • 研究者、諦めました 追記

    http://anond.hatelabo.jp/20170608221303の増田です。 どこかに気持ちを吐露したくなって投稿したら、まさかこんなに多くの方に反応していただくとは思っておらず、恐縮です。 正直言葉足らずな...

  • 研究者、諦めました 追記

    http://anond.hatelabo.jp/20170608221303の増田です。 どこかに気持ちを吐露したくなって投稿したら、まさかこんなに多くの方に反応していただくとは思っておらず、恐縮です。 正直言葉足らずな...

  •  Sail the summer winds 

        Sail the summer winds  from dream to dream  and shore to shore,  go and get to know,  if there's a place that offers more.  Now,you must go now,  while there is still a world to see.  Go, you'd better go, while it's stil...

  • 院生だけど

    http://anond.hatelabo.jp/20170608221303 問題意識が、現在ないことは全く問題でないと思う。 ただ、それを意識しないといけないよって教授は伝えたかっただけ。 実際に研究してみてから適性...

  • 研究者、諦めてしまいたい

    http://anond.hatelabo.jp/20170608221303 http://anond.hatelabo.jp/20170609195742 この増田に乗っかるようで悪いけど自分も吐き出したいので増田に垂れ流す。どうせ流れるだろうけど。 今までの進路を簡単...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん