2017-04-30

http://anond.hatelabo.jp/20170430040636

20年前の就活文系

一番ひどい時期の就活氷河期

いわゆるロスジェネ世代

特に女は総合職になれず、事務職とか営業補佐だとかばっかり

当時もリクルート就活大手で、大学3年生(2年だったかも)になるとみかん箱1箱くらいある企業ガイドハガキが送られてきて(電話帳がみっちり詰まってるような感じ)

そのハガキを出して企業説明会に申し込む

ひとりあたり300通以上出すのは当たり前

当然全部手書き

女の場合は300通出して、「企業説明会」に行けるのが1020社くらいだった

とにかく内定が取れなくて、地獄のような時代だったな

今は売り手市場だもんな 心底うらやましいわ

 

 

ちなみに、5歳上くらいまでバブル世代

世間ではロスジェネバブル世代勘違いされることが多くて地獄

バブル世代面接行くだけで金がもらえて(大阪から東京などの新幹線代+ホテル代、少なくとも新幹線代)

まだ内定出てないのに高級焼き肉を食べさせてもらったり

内定出た時点で研修という名の温泉旅行があったりと

そういう話を聞きながら、

こっちは交通費すら出なくて

世間的な認識はほぼ分かってなくて

世代は「楽勝だろ」という認識のままなんでさら地獄だった

記事への反応 -
  • 今、毎日死ぬぐらいの勢いで就活サイトに登録したメアドにはお勧めの企業情報や 「あなたと話したがっている企業があります」みたいなダイレクトメールが来ている。あと、登録した...

    • 20年前の就活 一番ひどい時期の就活氷河期 いわゆるロスジェネ世代 特に女は総合職になれず、事務職とか営業補佐だとかばっかり 当時もリクルートが就活で、大学3年生になるとみかん...

    • 木尾士目の四年生を読めば分かる。

      • そういや「四年生」の続きの「五年生」って、あれどうなったんだ。 彼女が不倫相手の奥さんに包丁突き付けられたところで読むの辞めたんだが。 刺されたの? 登場人物全員嫌いで「...

    • 理系だったから、教授に推薦もらって、リクルーターと面談して、面接に行ってそれだけ。23年前。

    • 『就職戦線』(しゅうしょくせんせん)は1931年に日本で制作されたサイレント映画。東亜キネマ製作。 『就職戦線異状なし』(しゅうしょくせんせんいじょうなし)は、杉元伶一の長...

    • 97年新卒だった。 情報・電気電子系は当時からe-mailは使えたので向こうのリクルータとメールで連絡して企業見学や面接の日程を決めていた。 旅行やホテル予約サイトがないしWebも始...

    • おい、電話に出ないのはまずいぞ。 めんどくさくても出た方がいい。

    • バブル末期。電話帳よりも分厚い就職情報誌の巻末の資料請求葉書を郵送。自宅固定電話が来る。帰宅してみると、暗い部屋の留守番電話の赤ランプが点滅しているんだわ。それからリ...

    • 10年前に地方で就活した文系。時期はともかく、流れは今と一緒なんじゃないかな? 3年生になると、インターンとか行きだす。 夏~秋に、みんななんとなくリクナビやマイナビあたり...

    • そこそこ有能な理系大学なので、大学に推薦枠がいくつあかる その枠に対してジャンケンして勝ったら面接いって内定(終了) 一番大切なのはジャンケン 研究室もジャンケンだしな

    • 15年前。 有名私大の文系。 時期だけが違うだけで、(あとインターンがそこまでなかった)ほとんど今と一緒。 100社説明会いって50社くらいエントリーシート出して、第一志望おちて第...

    • http://anond.hatelabo.jp/20170430040636 今、毎日死ぬぐらいの勢いで就活サイトに登録したメアドにはお勧めの企業情報や「あなたと話したがっている企業があります」みたいなダイレクトメール...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん