2017-04-29

この人は天才なんだなって人を観察している

遠目でだ。直接会っても無い。有名な人なので、それなりのソースを辿って観察している。

その人の発言や行動を見ていくと、やはり常人を逸している。

それなりの地位を気付いたが俗世から自分を切り離すように地位を捨て、新たな道を見つけて今は有言実行人生を送っている。

その人の哲学は人のためでは全く無くて、自分はどうありたいかを追い求めるような哲学で動いている。

切り取るところを間違えばあまりにも冷たくて、しかサイコパスとは違ってとても優しく人道的だ。

多分知能指数が高い分、「人道的」の部分も考察意識して感情コントロールしているのだが、やはり色々な話を聞いて考えてもサイコパスでは無い。

こういう人を世間がほっとくのか、と当初は思っていたのだがやはりそうではないらしい。

テレビ出演などは全て断っているが(いつかどこかの局が口説き落としてほしい)、様々な分野の著名な友人がその人に会いに行っている様子で、日本大企業はその人にアドバイスを求めているらしくそ業界未来展望について語っているそうだ。ただし無茶を言うのでなかなか反映されないらしいが、そのうちそれが常識になるという上で動いている企業もあるらしい。

本人がそう語るだけならともかく、その人とかかわった周りも「普通では無い」と口をそろえて言う。

それは「変人」とかではなく、その人が為した結果だったり、会話においてやはり凡人のようなことは言わないらしい。

聞けば聞くほど、この人は天才だと感じる。

しかし本人は天才では無いと言う。

そして天才は名も知れず表に出てこない人のほうが多いと言う。

この言葉は謙遜なのか、それとも本当なのか。

はたして真の天才とは何を考えどんな生き方をしているのか?

こういう人を見てると、つくづく自分は凡人だと確認できるので調子に乗りがちな人は本物の天才を見ることを薦めます

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん