2017-04-18

貴族探偵実写化に思う

すべてがFになる。というドラマがあったんだが

準備期間が3か月も無いとかで、ドタバタだったというエピソードがある。

あのシリーズを読んだことがある人ならわかるはずだが、まず分厚い原作読破理解するのに1ヶ月かかる。

そして矛盾点やキャラ相関図は後のシリーズ説明があったりするので、他のシリーズ読破しないといけない。

(後付けではなく、最初に設定を作って組み立てられた連動シリーズなのだしかも作者速筆なので執筆時期が開いてない)

読めば分かるが「叙述トリック」の山であるうえに、実写無理じゃん!ってトリック装置が出てくる。

(非現実的では無く、お金がかかるという意味で)

あのシリーズドラマ化やアニメ化されてない話にはそういう特徴があり、ドラマ化されたものにもトリックストーリーオチのものを変えてしまった話もある。

3か月も無いのに(裏話ではもっと短かったはず…)何故、あのシリーズに気軽に手を出してしまったのか。

今まで国内外で何度も実写化話が持ち上がり消えて行ったらしいのに…あのテレビ局の迷走はあの時もうすでに始まっていたのだ。

長々書いたが、貴族探偵原作読者に評判がいいことへの愚痴嫉妬だ。

原作理解し描いてくれるメディアミックスを望む。アニメでもいい。黒猫実写化の時の反省として、時代設定を変えると無理があるので、時代原作のままでやってくれ。

アニメスタッフは頑張ったとは思うけど、主演二人の人物像については掴みきれないままだったのではないか。なので犀川が変な服を着る。無口なキャラモノローグカットする。ドラマ版は脚本家含めて、誰一人キャラを掴んでいなかった。)

まだ「すべてがFになるしかアニメ化されていないし(四季は触りだけだし、スカイクロラなんてなかったのだ)

「F」は序章なので(同シリーズ人気だとFはそれほど好かれてない。なのに漫画にされるのはFばっかだ)

どこかの勇気あるアニメスタッフに、再挑戦を望む。

作者は、作れるもんなら作ってみろスタンスっぽいよ。

トラックバック - https://anond.hatelabo.jp/20170418042328

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん