2017-04-04

大学学芸員図書館司書の授業やるのやめませんか?

学芸員図書館司書

大学で授業を取って資格をとっても何の役にも立たない2大資格である

そして、今年も人文に興味を持ってしまったウブな大学生が続々と、「なんとなく良さげ」であるだけの理由学芸員資格図書館司書資格の授業を取ろうか悩んでいる。

しかし、彼ら彼女らがそんな資格を取ったところで、なんの役にも立ちはしないのだ。

学芸員は、そもそも博士まで出ないとなりようがない。

図書館司書は働くことは簡単だが、最低レベル待遇で超薄給なのは周知の事実である

もう、やめませんか?

そうやって、生きていくことに直結しない人文の夢を見させるの。

人文で飯は食っていけません。

人文科学に興味を持ってしまう時点で、社会的弱者となることが決定している趣味嗜好をもっているわけですが、そんな彼ら彼女らに、「もしかしたら図書館博物館で働いて生きていけるかも」という夢なんて見させないでください。

勘違いさせないでください。

トラックバック - https://anond.hatelabo.jp/20170404234500

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん