2017-03-04

http://anond.hatelabo.jp/20170304132425

最近アイドルはもう「見世物」ではなくなった。

 

あの作品アイドル=カワイイを脱却できていると思う点は大きく二つある。

ひとつは、主軸として「(私達で)終わりにする」物語だというところ。

カワイイという他人に媚びた、というと言い方が悪いが、他人のウケに依存する状況を続けていると、

どうしても商業的になってきてその「カワイさ」を演じ続けることを強いられるようになっていく。

それは現実的に考えても辛いことだし、アニメはい女性人間、歳をとり成長し進学就職していくもの(=ずっと一緒には居られない)というリアル思考が、暗黙的にキャラクターたちにも存在していた。

そこで彼女たちは、アイドルという青春を引き伸ばす道を選ばずに、作中にして若干1年、現実声優ユニットとしても5年で「おしまいにした」。

それも、人気の絶頂最中でその決断を、予め意図したとおりに断行した。

その振る舞いには、これまでのアイドル文化に対して投げかけるような強烈な思想を感じる人もいるだろう。

作中のライバルグループは、メジャーデビューして続けていくことを選んだが、

彼女らはそれを否定するでもなく、「私達がどうありたいか」という思考を大切にした。

その思考について、本編だけでなく劇場版の過半をそれに割いてまで、伝え続けた。

そういうところが非常に現代的だと思うし、観る者に旧来のアイドルからアップデートを促すようにも感じられる。

 

ふたつ目は、作中における「カワイさ」の表現について、あくまでも彼女自身の「カワイイ」観・美意識に基いているところ。

パフォーマンス自分たちの手で、裁量で、決定し作り上げているというところから現代的な感覚に寄り添う配慮がみられる。

そもそもアイドル活動部活という設定にしたところからそうだけれど。

もちろん美少女ものメディアを原点にした作品から彼女らが自発的表現した「カワイさ」自体男性ウケに寄せてあることは否定しない。

けれども内発的に行動している設定にすることで、「やりたくないけどウケの為にやらされる」ような見る側も心苦しい媚び方を見せなくてよくなった(少なくともアニメ上では)。

それどころか、彼女らの美意識に従えば、それの転び方によっては「ウケは悪いが独特な自己表現をするグループ」になっていたかもしれない。

実際に作中で迷走してロックバンドKISSコスプレをしだす一幕があったほど。

ともかく、そうした主体的に行動するウーマンパワー的な土壌を作っておくことで、女性視聴者作品を受け入れやすくなった。

結果として「一見男性向け作品なのに女性ファンも非常に多い」コンテンツとなった。これも今時のヒットコンテンツではよくある現象だ。

ちなみに、この「自分たちカワイイと思うことはやるけど、そう思わない(嫌な)ことはやらない」という、

女性アイドル自身尊厳を守るというかパフォーマーとしての意志尊重する動きは、大手に属さずにアイドル的な活動をする現実若者にも広がっており、

もはや今の若者はそういうグループしか応援しない、と言うと大げさだが、そういう審美眼はちゃんと持っている人が多い。

他のアイドルアニメ作品でもそういう思想共通していて、例えばアイドルマスターシンデレラガールズも、

アイマス作品は土壌としてファンを大切にする文化があるにもかかわらず、アニメでは「ファンの期待に応える」ような描写ほとんどなかった。

描かれたとしても「ファンはいつも支えてくれている」というような、受容の存在として描かれていて、ファンの期待や要望圧力に従うような描かれ方はしなかった。

その一方で何が描かれたかというと、一貫して、アイドルたち自身内面の成長が描かれた。

ただ、外面から圧力がなかったわけではなく、それはプロダクションTV局側の方針との衝突いった形であらわれており、

それと折り合いをつけながら、けれども自分の守りたい個性や魅せ方も守っていくあり方を、

周囲の支援のなかで「彼女自身が」見いだしていく、という大筋になっている。

やはりラブライブと同様に、いい意味で「内輪で閉じている」のだ。そしてそれを良しとしている。

まるで、この世界プロデューサー仕事は、個性的な人たちの自己実現を助けることが主で、

その過程で生まれキラキラパフォーマンスという副産物に変えて売っているかのよう。

そして、「それは創作上だからこそできる綺麗言だよ」とはもはや言い切れない時代だと感じる。

 

最近アイドルはもう「見世物」ではなくなった。

他人目線価値観に、自分生き方翻弄されたくない。

自分たちがやりたいようにやるから共感してくれる人はついてきて。

そういう思想ベースに、角が立たないように上手にやっていく。

これが多様化した文化の中にある、今のリアルアイドル

もちろんそういう風潮にもマイナス面は当然ある。

商売に長けたプロデューサー主体性を奪われないために、アイドル自身セルフプロデュース力が求められる。

成功するグループとしないグループの差はより残酷可視化される。

けれども私たちは、往年のアイドル文化を作ってきた人たちが、丸坊主にしたり惨めな謝罪会見をさせられたりと、もっとむごたらしいものを見てきた。

からアイドル主体性を取り戻した「パフォーマー」に変化していくのは時代の流れだし、そういう価値観を含む創作がヒットするのも必然のことだと思う。

かつてのオタク文化評論などで有名になって文化人を気取っている40、50の方々は、やはり頭がカタくなっておられて、

まり最近アニメ、とくにアイドルアニメなんかについて好意的な評をしない、どころか言及すら嫌がるレベルで卑しめがちな感じがする。

けれど今、もっとも、文化的ホット考察すべきジャンルアイドルものなのだと私は思う。

記事への反応 -
  • アイドルアニメが異常にキモがられる理由

    結論=性差別的だから 普通のアニメはまあ、テンプレヒロイン像(すぐヒス、都合のいい守られスイーツ女)でも バトルシーンでは制圧射撃要因としてある程度の活躍の場がある(無...

    • http://anond.hatelabo.jp/20170303211730

      その紅白に出場してNHKが何度も再放送しているラブライブが、本当に性差別的なものだと思います? カワイイという少女性に縛られた価値観を描いてると思います? 最近のアイドルアニ...

      • http://anond.hatelabo.jp/20170304071207

        ラブライブは本来なら男が担うロール(主役、参謀、恋愛要素の無いキャラ等々)を 全員女にする力業で担わせた、というだけの話で 根本的なアイドル=カワイイというイメージからは...

        • http://anond.hatelabo.jp/20170304132425

          最近のアイドルはもう「見世物」ではなくなった。   あの作品がアイドル=カワイイを脱却できていると思う点は大きく二つある。 ひとつは、主軸として「(私達で)終わりにする」物語...

          • http://anond.hatelabo.jp/20170304184406

            横だけど その「カワイイ」観は結局のところ観客に受け入れられる程度の「カワイイ」であって その受け入れ幅はいま現在すでに現実なりフィクションなりで提示されている「カワイイ...

            • http://anond.hatelabo.jp/20170304201657

              新谷良子

            • http://anond.hatelabo.jp/20170304201657

              なぜそんなに病的に、物事をマイナス評価で見よう見ようとしてしまうのですか? ネットでそういう斜に構えた見方ばかり見て思考汚染されていることを心配してしまう。 だから、同じ...

              • http://anond.hatelabo.jp/20170304212827

                元増田の人?なんか怒らせたようでごめん。 もちろん作品ごとに違う面白さ楽しみ方はあるだろう。それは元から否定してないよね? けど上に書いた通り自分はフィクションには新規性...

                • http://anond.hatelabo.jp/20170304221255

                  だから、あれを「型どおりの反抗、型どおりの和解、型どおりの成長」としか見れていない人は、 あれをそう捉えなかった人の目に映っていた高解像度の微細な捉え方をすべて無下にし...

                  • http://anond.hatelabo.jp/20170305000036

                    敵対的雰囲気にならないよう気い使ったんだが無駄だったな。あんたすげー権威主義だね。肩書きも専門知識もない詳しくない人間が批判すんのがそんな嫌なんか。 反論があるなら内容...

                    • http://anond.hatelabo.jp/20170305022101

                      私が言いたかったのは、「作り手に対する敬意がない状態」で悪意的に見た人の個別の内容に対する批判を、「内容に対する反論」で納得させるのは「不可能」だということ。 よくある2...

          • http://anond.hatelabo.jp/20170304184406

            作中ではある程度の自主性があるのは同意だが 2.5次元というレベルに目を向けると、ぶっちゃけそうでもないんだよね 例えば「○○選挙」系イベントで否が応でもファンの声にこたえ...

      • http://anond.hatelabo.jp/20170304071207

        でもブスやキモオタは出てこないじゃん 典型的現実逃避アニメ

    • http://anond.hatelabo.jp/20170303211730

      次はBLアニメが異常にキモがられる理由もやってよ(笑)

    • http://anond.hatelabo.jp/20170303211730

      おまえは ちゃん子 のライブ(Just My Chance Call)動画を今すぐ見て来い

    • http://anond.hatelabo.jp/20170303211730

      ラブライブとかアイマスの女性ファンの多さを知らないと見た つうかこういう人らって昨今の美少女アニメが男ファンしかいない、と思ってるのが謎なんだよな。 萌え系のアニメが好...

      • http://anond.hatelabo.jp/20170304102658

        今まで女は男の価値観の中で生きてきたわけだし、 別にそれに感化されてアイドル好きになっててもおかしくなくない? ばあちゃん世代に「女は家を守れ」「はやく家庭、子供を持ち...

      • http://anond.hatelabo.jp/20170304102658

        アイドル好きの女って、子供の頃アイドルや女児アニメが好きだった子の一部が ずっと好きでいつづけたパターンがほとんどだよ 一種のオタクではある

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん