2017-02-09

女だけど異性と身体的接触を絶って十年目になる

最後に異性と身体的接触を行ったのは二十歳のときで、それを最後に、三十歳の今に至るまでそういった行為をしていない。

※ここで言う「身体的接触」とは、手を繋ぐ以上の行為を指します。

もともと人に触られるのがあんまり好きではなかった。

女の子でも、たまにやたらおっぱいを触りたがったり頭撫でてきたり腕組んできたりする人がいるが、正直嫌だった。

恐らく私は、パーソナルスペースとやらが広いのだと思う。

当然恋人なんていないわけだけれど、異性と会う機会が少ないわけではない。

なんだかんだで男性とは結構出かけたり食事に行ったりしているほうだと思う。

だが、お酒を飲んでいるときや、並んで歩いているときに親密な空気が流れると、途端に警戒してしまう。

何かの拍子で肩が触れ合うだけでもぞわっとする。

(その人が生理的に無理とかではなくて、多分単純に私が人に触られるのがダメなだけなのだと思う)

から、異性と友人以上の関係にはなれなかった。

二十歳の頃の私がどうやって、そしてどういう気持ち他人身体的接触を行っていたのか、今となってはもう思い出せない。

このまま独り身のままなんだろうなーと思っていたある日の帰り道、

いつも使っている路線人身事故が起こったらしく、到着した電車はぎゅうぎゅう詰めだった。

うんざりしながら乗り込むと、さっそく、周囲のくたびれたおじさんと体のいろんな面をくっつけあって立つことになった。

それが、不思議と嫌じゃなかった。

遅れている電車を待っていた駅のプラットホームは北風が冷たくて寒かった。

でも、電車の中は人いきれで少し熱いくらいで、隣の人の体温が服を通して伝わってきて、体がぽかぽかしてきた。

恐らく乗車率200%近い殺気立った空間の中で、横のおじさんに肩をスマホ置きにされながら、私は奇妙な安らぎをおぼえていた。

帰宅してからもその余韻は残っていて、今誰かが私の手を強く引いて抱きしめてくれたらどんなにいいかと思った。

これが、人肌恋しくて淋しい という気持ちなのだと初めてわかった気がした。

どうしていきなりこんな気分になったのかは、よくわからないけれど。

その日から何となく大きな流れのようなものに飲み込まれつつある気がする。

何故か、毎日ボノボについてネットで調べたり、ボノボの本を読んだり、ボノボ映像を見ている自分がいる。ちょっと怖い。

まりにも生殖活動をさぼっていたせいで、私の中の動物的な部分が目覚め、生殖本能に訴えているのではないかと思う。

今まで知的活動こそが人間としての喜びだと考えていたが、何でもセックス解決してしまボノボ幸せそうで、少しうらやましい。

  • http://anond.hatelabo.jp/20170209012843

    ここで言う「身体的接触」とは、手を繋ぐ以上の行為を指します。 おい!じゃあそれ以前の行為は何なんだよ。それすらできない俺は何なんだよ。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん