2017-01-25

[]漫画:鈴華 原作香月美夜 「本好きの下剋上

現実世界で本好きが高じて図書館就職きまったのに、文字通り本に埋もれて死んでしまった女性が、

中世ヨーロッパ風異世界に一兵士の娘として転生して、

本を求めてがんばる話

面白い

タイトルの「下克上」ってのは正直言葉のチョイスミスだと思う(本をこれほどまでに詳しく書いた作者がなぜこのタイトルにしたかわからん

インパクトある単語から

成り上がり、とかの方がまだ実態に即してる気がする

本が読みたい

でも本がないから本つくる

本つくる紙がない

紙をつくる道具がない

紙をつくる材料がない

・・・

みたいな感じで、その世界こっち側知識を駆使してなんとか好きな本を読みたいって情熱でひたすらがんばる

本と結婚するレベル女の子なんて、内気でほんのない世界にとばされたら茫然自失で奴隷におちて終わり、となってもおかしくないのに、

いくら本への愛があるからといって、あまりにもアクティブ物事がんばりすぎって感じはするけど

この主人公麻薬中毒と同レベルで本好きだからまあ理解できなくもない、っていう理由けがされてるからOK

野菜にた汁捨てるとか、トイレは窓から捨てるとか、ほぼ中世ヨーロッパ

世界要素は見知らぬ文字と知らない野菜とか木とかが出てくるくらい?

あと少し魔術要素がでてきたか

でも基本コツコツとごまかしのないリアルっぽさを積み上げていくから、読んでて違和感覚えるところがあんまりない

読むのがすきなだけでそこまで本の内容覚えてるもんか?っていう疑問もなくはないけど

世界ものテンプレの俺TUEEEで飛び級みたいな物語の展開もないから、じっくり読める

原作も気になってきたな

とにかく異世界転生ものハーレム・俺TUEEに飽きたら手にとってみる価値はある

漫画3巻まで読んだ時点は思った

アニメ化・・・するには地味すぎ+背景設定・考証の手間がかかりすぎ+売れなさそうでNGかな

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん