2017-01-19

死が恥ずかしい


死がどうしようもなく恥ずかしいです。

こんな感覚、みなさんはありますか?


例えば事故事件で巻き込まれて亡くなった方のFacebookTwitterなど、"まさか自分が突然死ぬとは思っていなかったような人"の書き込みを見ると恥ずかしくて思わず目を背けてしまます


私は「何者」に出てくる佐藤健くんの役みたいに、何かしようとしている途中過程を誰かに見せるのが死ぬほどダサいと思ってしまタイプ人間です。

この人まだ完成するかも分からないようなものの途中過程アピールしちゃってwもし失敗したら、その過程アピール死ぬほどダサくない?って思っちゃいます


自分にとって、「死」が完成だと考えているのかもしれません。

自殺病気など自分の「死」を自覚して終わる人の書き込みは、完成しているのです。

事故事件に巻き込まれて、自分の「死」を自覚しないままに死んでしまったら、今までの書き込みは全て途中アピールに見えてしまうのかもしれません。

鍋パした〜!」

「なんか将来が少し見えた気がする。ルン♪」

「なんかお腹違和感があるなあ」

 ーー死ぬーー

人生最後鍋パーティーになるなんてな!

将来なんて存在しないのにルンルン浮かれて可哀想

お前、この時はそのちょっとした違和感のせいで死ぬなんてつゆほども思ってなかっただろうに!ご愁傷様!とか


そこまで親しくない知人くらいの間柄(嫌いでもなんでもない)だったら思ってしまうかもしれません。

今までなんとなく思っていたこ気持ちですが、言葉にすると本当に下衆すぎて自分でも引いています

この気持ち共感してくれる人はどれくらいいるのでしょうか。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん