2016-12-18

[]鳴海清隆の逆襲

宇宙人騒動、絶園の樹騒動を経て、造物主地球から異物を排除することを決定した。

そのために、まずダムピールを根絶やししろ、そうオラクルを贈られた。

ヨタカはそう言って、私たち宣戦布告をしてきたわ」

「なるほど、だいたいわかった。

あいにく、俺はダムピールとやらに義理も何もないが、兄貴造物主側につくってんなら、俺はダムピール側につく。

大嫌いだからな、鳴海清隆が」

(中略)

「絶園の魔法使い不破愛花を復活させる、そう言ってるんだ」

「はあ? てめえなにを言ってんだ」

「仕方ないだろ、ダムピールは兄貴を倒した後の生活を考えると力をふるえない。

その点、不破愛花はもう死んでるし、話を聞く限りそういうことを気にするタイプじゃない」

「……なるほど、過去転移し、まだ生きてる愛花ちゃんを連れてくると?」

「察しが良くて助かるよ」

(中略)

「さしもの鳴海清隆も無味無臭毒薬に気づけない、それも自分スタッフの作った料理に入っているなんて」

「そうかもしれんが、どうやって小人地獄を仕込むんだ?」

「潜入捜査が得意な知り合いが一人いてね」

「ふむ、そいつ名前は?」

「……忘れた」

(中略)

所詮造物主だの神様だの何だと言っても、ちっぽけなんだろうさ。

ひょっとすると見た目はカエルみたいで、趣味相撲かもしれないぜ?」

「なかなか笑えない冗談ですが、いいでしょう、怪異たちの知恵の神である私も手を貸しましょう。

ここ最近、先輩はバイトで構ってくれませんし」

(中略)

「決着は、常伊市。蓬莱とやら、まあどうせいつものように異星人のような気もするが、と繋がりが強いこの市だ。

ここなら造物主の関与も薄れ、兄貴もまだそこそこ普通人間扱いできる。

あの時は……」

「あの時?」

「あの時はあんたを連れて行けながったが、今日は付いてきてくれるか?」

はいはいはい! 喜んで!」

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん