2016-11-20

WiMax IP電話 grandstream

VoIPアダプタ「Grandstream Handy Tone-701」のIPアドレス確認

管理画面にアクセスIPアドレス確認

受話器、「***」で発信し、「02」をプッシュ。

DHCPで割り当てられたIPアドレスが読み上げられる。

VoIPアダプタ「Grandstream Handy Tone-701」のファームウェアアップデート

アップデートなしでは、うまく動作しませんでした。

事前にファームウェア(1.0.7.3:2015/02/14時点の最新版)をGrandstream Networks社のホームページから

ダウンロード

確認したIPアドレス管理画面にブラウザアクセスし、管理者用の初期パスワードadmin)でログインし、

ファームウェアアップデート

管理画面に管理者用の初期パスワードadmin)でログインし、以下の設定の確認と変更を行います

<「BASIC SETTINGS」の設定>

# Time Zone

GMT+9:00 (Japan,Korea, Yakutsk)

# IP Address

statically configure as : IP Address / Subnet Mask / DNS Server

DHCPIPアドレスが変わるのが気になったので固定のIPアドレスを設定します。

DNS Serverは、WiMAXルータIPアドレスを設定します。

<「ADVANCED SETTINGS」の設定>

# NTP Server

ntp.jst.mfeed.ad.jp

<「FXS PORT」の設定>

# Account Active

Yes

# Primary SIP Server

smart.0038.net

# NAT Traversal

Keep-Alive

# SIP User ID

通知のあったユーザIDを設定します。

# Authenticate Password

パスワードを設定します。

# Preferred DTMF method

RFC2833

SIP INFO

In-audio

デフォルトから変更しないで使用しました。

# Preferred Vocoder

choice 1 : PCMU

choice 2 : PCMA

choice 3-6 : PCMU

※iLBCが入っていると、音声がおかしくなる・・・

# SLIC Setting

JAPAN CO

VoIPアダプタ「Grandstream Handy Tone-701」の設定確認

・4個のLEDランプがすべて点灯していること。

管理画面(STATUS画面)でHook : On Hook / Registration : Registered / DND : No

VoIPアダプタ「Grandstream Handy Tone-701」の設定作業時の注意点

設定変更は、「Update」ボタンを押したのち「Apply」ボタンを押しますが、着信ができなくなったりしたことがあったため、テスト前には「Rebootボタンを押して再起動することをお勧めします。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん