2016-11-10

アイディアを言うのをすごく我慢している

アイディアマンと言えば聞こえは良いかもしれないが

アイディアというのは検討するのにそこそこのコスト必要なわけで

アイディア提案が多すぎるのは、あまり褒められた行為ではない

 

また、実現可能性が低いアイディア提案しすぎると、思慮が浅いと思われてしま

 

最初の頃は「言ったからには実行できる自信があるんだろうな」と思われるかもしれない

しかハードルが徐々に上げられていき、どこかのタイミングで「ただの浅はかなやつか」と思われるようになる

すると「こいつは有言実行しないやつだ」と思われ、自信のあるアイディアも実行しづらくなる

 

から、私はアイディア提案するのをすごく我慢してる

こうすればすごくうまくいくのに、と思っても言わず我慢する

 

口にするシーンはわずかだ

「じゃあやってよ」と言われても余裕でできるとき

「じゃあやってよ」と言われたいとき(周囲を巻き込みたい時)

例え実現できなくて、周囲から評価が下がっても大丈夫なくらい、信頼の貯金を勝ち得た時

評価が下がっても怖くない時(はてぶなど)

そういう時じゃないとアイディアを口にしない

 

こういう風に考える人間はそこそこ居るだろうが

その天敵となるのが軽薄なやつだ

 

軽薄なやつが、質の悪いアイディアを口にし、それが実行されそうな時

わずそれより良いアイディアをいくつも挙げたくなる

でもそこはぐっと我慢するべきだ

そのアイディア勝負に勝ったところで、大して良いことは起こらない

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん