2016-10-22

定時退社を導入するとどうなるか

 定時退社を導入するとどうなるか。私の勤めている会社は1年前から導入したので、どうなるかを書いてみようと思う。(サービス残業休日出勤・持ち帰り残業も厳禁。定時になると文字通り締め出される。)

1.「余計な仕事」をしなくなる、命令できなくなる。

 別に残業できなくなったからといって増員配置される訳ではないので、仕事の量は変わらないし、締め切りも変わらない。だから、皆「余計な仕事」を減らすようになる。

 例として、例えば企画を立てるにあたってA案、B案、C案と作っても採用されるのはひとつだけだから、はじめから2つに減らす、あるいは決め打ちでひとつの案しか作らないようになる。

 これは上司も同じで、複数作成することを命令すれば、当然作業時間が2・3倍増えるため、おいそれとそういった命令はできなくなる。

 だが、果たしてそれが「余計な仕事」なのか?しかし、制度は待ってくれない。余計な時間仕事は全て悪なのだから時間のかからないように仕事をしなければいけないし、そのように命令しなければいけない。

2.ボトムアップからトップダウンになる

 部下の方から採用されるか分からんのに「こうした企画はどうですか?」という作業は全て無駄になるかもしれないし、そうなると「余計な仕事」になるから、部下から企画提案することはなくなる。

 上司から命令される仕事だけで手いっぱいである。だから必然的仕事ボトムアップからトップダウンとなる。このように文化を変えないと多分どこの会社も失敗する。

 上司から部下に指示する時も当然漠然とした指示ではだめで、具体的に指示する必要がある。

3.会議ミーティングが減る

 会議は一番時間無駄なので、削減される。このためますます合意形成という形ではなく、上意下達方式になる。

 まとめると、①会社意思決定を完全にトップダウンにしないといけない、②部下は命令されたこと以外はやらないものと心得なければいけない、③その仕事がはたして定時に終わるか考えながら上司命令しなければいけない、④会議ミーティング時間無駄から減らさなければいけない。ができないと定時退社制度は失敗して、ただのサービス残業強要になってしまうだろう。

 定時退社制度会社文化かえるということだ。本当に変える意識会社がどれだけあるだろうか。

 追記1 個人的には電話が一番の無駄だと思う。さすがにまだ廃止されていないが。

 追記2 この1年を通じて勤労意欲は激減した。他人仕事を進んで手伝う事もしなくなったし、突発的な仕事他人からまれ仕事を憎むようになった。新しい仕事企画も考えるだけ無駄なので考えなくなった。(もちろん正式仕事として割り振られれば別だが。)しかし、ある意味会社は誠実に社員部品機械として扱うようになったのだともいえる。

 ブラック企業は、実際には社員部品機械しか思ってないくせに、まるで経営であるかのように働かせようとする。こうした企業に比べると、わが社は極めて誠実と言える。

  • http://anond.hatelabo.jp/20161022131254

    別に残業できなくなったからといって増員配置される訳ではないので、仕事の量は変わらないし、締め切りも変わらない。だから、皆「余計な仕事」を減らすようになる。 切り替わっ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20161022131254

    当然の働き方になったということだよな ただし、上意下達方式ということは、経営陣や上級管理職は自分の力ですべてを立案できなければならないということ 年功序列で無能ばっかり昇...

  • http://anond.hatelabo.jp/20161022131254

    自分を搾取しているのは、上司でも会社でも安倍政権でもなく、自分自身だったというオチですな。。 みんな、これに早く気付いたほうがいいよ。

  • http://anond.hatelabo.jp/20161022131254

    ワークフローの硬直化を防ぐために、 普通は8時間勤務なら6時間分が上意下達の仕事をし、2時間分は自分で考えた仕事をするようにさせるんだけど、 まぁ日本では難しいかな。

  • http://anond.hatelabo.jp/20161022131254

    前の職場でやらなくてもいい仕事(他の同業者がやっていないこと、やらなくても困らないこと)をやることで土日や時間外に働いて、上司に評価されようとする人がいた。 全体がそれ...

  • 話題の時短について書いてみる

    時短や定時退社の話が出ているが、根本的な部分での間違いがあるようなので、 生意気ながら僕の意見と経験を書いてみる。 時短とは、定時退社できるように仕事量や業務のプロセスの...

  • http://anond.hatelabo.jp/20161022131254

    別に残業できなくなったからといって増員配置される訳ではないので、仕事の量は変わらないし、締め切りも変わらない。 今までは残業前提だった仕事量を、残業禁止状態でそのまま...

  • http://anond.hatelabo.jp/20161022131254

    >だが、果たしてそれが「余計な仕事」なのか?しかし、制度は待ってくれない。余計な時間の仕事は全て悪なのだから、時間のかからないように仕事をしなければいけないし、そのよ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20161022131254

    こういう論って絶対に出てくるけど、個人的には見積もりが下手なだけでしょ、って思ってる。 しごく単純な計算なんだけど、単価が1.2倍になれば、その20%分は時間的余裕になって跳ね...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん