2016-10-02

http://anond.hatelabo.jp/20161002222925

高音、音程タイミングビブラートはわかりやすいけど、基本なんだよな

そこに対してどうアプローチするかがあると思う

同じ高音にしても、繊細で優しく響かせるか、太く力強く出すか、揺らすか、まっすぐかで響きが違う

同じ音程をとるにしても、しゃくりながら合わせるか、息を多く吐くか否か、歪ませるかで違う

アマ不快な音にしないとうまいと感じ、プロさらにそこから深みのある音になる、そこに壁があるって感じがするな

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん