2016-08-29

黒歴史(ヘビー級)のある女の子に18年ぶりに再会した話。

小学校の頃仲の良い女の子がいた。

の子とはよく一緒に下校していたんだけど、ある日の下校中に彼女

おしっこがしたい」と言い、近くにトイレもなかったので、

俺が人が来たらすぐに言えるような形で見張りに立ち、彼女は草葉の陰で用を足した。


その日以来、何故か彼女は下校中に催すことが多くなり、

最初彼女が完全に見えない場所背中を向けて見張っていた俺に

次第に「もっと近くで見張って」と要求するようになった。

最終的にはしゃがんで用を足す彼女の目の前で、向かい合わせで見張るスタイルになっていた。

要は完全に丸見えスタイルである小学生性癖なんて、そういった知識がない分、

いつどんなものが目覚めるのか予想もつかない。今思えばアレは彼女に芽生えた特殊性癖だったんだろう。


その後俺は小5の終わりに転校をし、その後彼女とは一切会うことはなかった。

そんな中、わずかに親交を続けていた当時の男友達数人と久々に飲む機会があり、

ひょんなことから同窓会をやろうという話になった。


幹事その男友達の内の1人が請負い、旧友に手当たり次第に連絡を取っていくことに。

当然「誰がくる」という情報は流しているもんだから、俺が来ることも連絡内容には入ってる。

俺は心の隅で(あの子今何してるのかな。とてつもない変態になっていたらどうしよう……)などと考えつつ、

(まぁ普通はそんなヘビー級黒歴史を知っているヤツがいるなら顔を出さないか)と高を括っていた。


ところが同窓会の2週間ほど前、幹事が送ってきた出欠名簿の彼女名前に「○」が付いていたのである

これには流石に驚いたが、30手前になって昔のことを掘り起こす程俺も野暮ではないので、

当日はそのことに一切触れずに、普通に楽しもうと思っていた。


同窓会当日。

会社員休み土曜日だが、サービス業従事している連中もおり、

会場の居酒屋に徐々に人が集まってくる感じで同窓会スタートした。

俺はとりあえず在学中に仲が良かった連中と座り、昔話に花を咲かせていた。

暫くしてトイレに立つと、入り口あたりでキョロキョロしている同い年くらいの女性がいた。

瞬間、何故か俺は彼女が例のおしっ子だと確信した。

「あの、もしかして○○さんですか?」と声を掛けると、彼女も「あ!?××君!?」とすぐに俺だと気付いた。

彼女仕事帰りなのか、黒ジャケットに白のスラックスといった感じで、

ショートカットがとてもよく似合う、所謂カワイイ系」の女性になっていた。


「今は銀行で受付業務をしてるんだ」彼女はハキハキした笑顔でそういった。

つの間にか隣同士に座り、気が付けば思い出話を肴に、結構な数のグラスを空けた。

(この調子だとあのことを完全に覚えていないか、もしくは俺が覚えていないと思っているな……)

正直少し残念に思った俺もいたが、まぁそれはそれで、と楽しく過ごしていた。


暫くすると幹事が「そろそろ店を出なければいけないので、

2次会行ける人はカラオケに行きましょう」と言い、その場はお開きになった。

俺は少し離れたところに住んでいるのでここいらで帰ろうと考えた。

するとおしっ子が酔いのせいで赤くなった顔で、

「もう少し××と話がしたい。2次会行こう?」と俺のシャツ裾を引っ張った。

正直に言おう。この時点で俺は(今晩は『宿泊費』という出費がかかるな)と確信した。


カラオケに移動する。人数が多かったので、2部屋に分かれた。

おしっ子は女性陣に引っ張られて別の部屋に行きそうになったが、

「××と話がしたい!」と勢いでこっちの部屋に来た。

もう一度正直に言おう。この時点で俺は(今晩の為に今からは水を飲もう)と決めた。


1時間過ぎてもドンチャン騒ぎは収まらなかった。

俺とおしっ子も時々歌いながら話をしていた。内容は居酒屋での話から更に進み、男女の内容になっていった。

おしっ子は2年前に彼氏と別れて以来、ずっと独り身だと言った。

「俺もそんな感じで独りなんだよねー」と言うと突然彼女が俺の太ももに手を置いた。

(キタかッ!)と思うと、彼女は俺の耳元で「ゴメン。ちょっとトイレ。どいて」と言って、部屋を出た。


拍子抜けしながらも俺もタバコを吸おうと思い、彼女の後に続いて部屋の外に出た(部屋は禁煙)。

そのカラオケビルの中で、非常階段の踊り場に灰皿がある。

そこに向かっていると、トイレの前で立っているおしっ子がいた。


「どうした?」と声を掛けると、

うちらグループじゃないけど、吐いてる女の子と介抱の子がいて、中に入れない」とのこと。

「別の階のに行けばいいじゃん」と提案すると、彼女は「そっか(笑)酔ってて考えが回らなかった」と言い

「じゃあ付いてきてよ」とまた俺のシャツの裾を引っ張った。

(あれれ!?まさかこれは……)と思っていると、彼女は明らかにお酒のせいではない程顔を赤くして、

「そう言えば昔もこんなことあったね…」と言いながら俺の手を握ると、

「今でもまだ見張っててくれるの?」下を向いたままそう言った。



続きが省略されました。続きを読むには会員登録(有料)をして、ログインをしてください。

  • http://anond.hatelabo.jp/20160829163439

    今度はいろいろしながらお互いにおしっこをかけあう性癖に目覚めるんですね?

  • anond:20160829163439

    カワイイ系の女性と持ち上げておきながら、次の瞬間には「おしっ子」呼ばわりするキレのある流れ、本当に好き。

  • http://anond.hatelabo.jp/20160829163439

    焚き――、じゃないエビオス嬢さん? エビオス嬢さんですよね?  もう50代でしょ? どうされてるんですか? (笑 しかし相変わらずの御性癖ですなぁ…。

  • http://anond.hatelabo.jp/20160829163439

    だから『性癖』には「偏った性癖嗜好」などという意味は無いとあれほど

  • http://anond.hatelabo.jp/20160829163439

    スラックスっておじさん

  • https://anond.hatelabo.jp/20160829163439

    ふざけんな! ふざ!けんな!

  • anond:20160829163439

    おしっ子は草

  • anond:20160829163439

    わっふるわっふる

  • anond:20160829163439

    わっふるわっふる

  • ヘビー級の女の子に18年ぶりに再会した話。

    しずちゃんになってた anond:20160829163439

  • anond:20160829163439

    どこで会員登録するんだよ!

  • anond:20160829163439

    続きはどこで読めますか

  • anond:20160829163439

    確か「本当にあった笑える話」だったと思うんだけど、読者投稿型の実話系4コマ漫画で 「小学生の頃上級生の女の子が公園の物陰で見せてきた」っていう男性読者の投稿があったな・...

    • anond:20180531230150

      脇からだけどその手の雑誌はほぼほぼ作り話か誇張だと思う。 今でいう嘘松にあたるかな。

      • anond:20180531230500

        どうだかね。作り話も入ってるかもしれないけど、実話も結構あると思うよ。 私採用された事あるから。

  • 増田文学100選

    通勤通学のお供に ランク タイトル ブクマ数 日付 カテゴリ 1 人生に物語は要らない 2126 2017/12/27 00:40 暮らし 2 自走式彼女 2017 2017/09/07 16:42 暮らし 3 ...

    • anond:20180617025544

      暇な人がいるもんだ。

    • anond:20180617025544

      恋バナ好きなんやな

    • anond:20180617025544

      俺の作り話が3つもランクインしてた

    • 増田文学賞の草案を考えてみた

      増田文学100選( anond:20180617025544 )を読んでいて、そろそろ本当に増田文学賞とか創設されてもいいんじゃないだろうかと思い、ついつい草案を作ってしまったので晒してみる。 いま思いつ...

      • anond:20180617174154

        こんな釣りだらけのアホと鵜呑みにするアホ集団で文学賞笑

      • anond:20180617174154

        低能先生の俳句やポエムはどこに該当するの

      • 前世が牡蠣の人 現生が猫の人 が 金賞グランプリを 受賞する

          あのような小作品を二三十作ってごらんなさい   文壇で類のない作家になれます                         anond:20180617174154

      • 増田文学賞がブクマカから全スルーされて悲しい

        [増田文学賞] 増田文学賞 2018前期 投票の呼びかけ この企画を開始する前の草案( anond:20180617174154 )は50ユーザー以上からはてブもらって、それなりに支持者がいたのに、いざ企画したら未...

        • anond:20180710125627

          むしろよくうまくいくと思ってたな いいじゃんいいじゃんと始める前は何人か(それも全体からみると小数)がいうけど実際ことが始まったらだれもついてこないのはよくあることだ、...

          • anond:20180717174626

            反応してくれてありがとう。いや、うまくいくとは思っていなくて、散々叩かれたうえで改善を続ければ企画がいい方向に向かうかなと思ってたんだ。反応がまったくないのはさすがに...

        • anond:20180710125627

          該当作なしってことだろ?無視するという反応があったジャン。

          • anond:20180717182933

            反応ありがとう。 うーん、今回は投票され始めたのがだいぶ遅いから、該当作なしの部門が出てしまうかもね。もしそうなったら改めて策を考えてみるよ。 無視するという反応があ...

        • anond:20180710125627

          死ねゴミ

        • anond:20180710125627

          気付いたら期限過ぎてた。無念。

    • anond:20180617025544

      脱糞増田もたのむ

    • anond:20180618000511

      ブックマーク数合計の伸びが大きくなってるのは「増田文学100選」 anond:20180617025544 がブクマを2600ほど集めたからなんだな。

    • anond:20180617025544

      ブックバカーが大漁に釣れとるなw 増田"文学"なんて読むくらいなら普通に読書しろよ

    • anond:20180617025544

      ググれカスの反対の言葉ってなんだろ? え、文学??

      • anond:20180618101944

        「ググれカス」の反対の存在・・・それは、「教えてあげるおじさん」

    • anond:20180617025544

      非常に味わい深い。 家でストロングゼロを飲みながら読むとより一層よい。

    • 2018年上半期増田ランキング100

      盛夏の候、涼のお供に ランク タイトル ブクマ数 日付 カテゴリ 1 増田文学100選 3437 2018/06/17 02:57 おもしろ 2 アホの子教えるのは楽しかった 2046 2018/03/17...

    • 2018年上半期増田ランキング100

      盛夏の候、涼のお供に ランク タイトル ブクマ数 日付 カテゴリ 1 増田文学100選 3437 2018/06/17 02:57 おもしろ 2 アホの子教えるのは楽しかった 2046 2018/03/17...

      • anond:20180721095053

        毎回毎回ブクマが伸びるまでしつこく再投稿お疲れ様でーす

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん