2016-08-07

シン・ゴジラ

シン・ゴジラ解釈で賑わっているのだけど、私が感じた単純な解釈を置いておきたい。

「私は好きにした。君たちも好きにしろ

総監督である庵野さんから観客へのメッセージしか思えないのですが。

私は思う存分この映画を作った。あとは受け取り手である君たち、好きにしろ、と。

ゴジラ総理政府官僚

まず、ゴジラは「巨大不明生物」であって、決して害をなしたくて歩いているわけじゃない。

なのに、結果として被害を及ぼし、駆除対象となる悲しさ。

最初に、どうしますか?と投げかけられ、静観つまり放置か、駆除か、と複数可能性が提示されているのが好きだ。)

ゴジラ日本政府総理 は二項対立関係にある。

1つ目の解釈

ゴジラ庵野さんのクリエイターとしての本能、才能のようなもの

対する総理官僚)は彼の理性、社会性など。

ゴジラは神だ/悪魔だ/殺せ/守れ ってあんな風に遠くに聞こえてくるイメージなんですかね。

日本社会同調圧力が強いかと思いますので、飛びぬけたものこそ叩かれるだろうし、

その中で自分らしいものを作るのも大変なんだろう。

アメリカ等の方がいっそ自由なのかもしれませんね。

ゴジラゴジラとしてうまいこと共生できればいいのに、そうも行かず。別に破壊したくて破壊してるわけじゃない。

そういう風にゴジラを描いてるなぁーと思ったんです。

悲劇的な音楽、どちらに効果的に使われていたかというと、私にはゴジラから流れる血、そちらの方に目が向くよう

使われていたと思いました。

自分存在は、果たして日本寄与しているのか、それとも害悪なんじゃないのか、そういう逡巡もあったのでしょうか。

それからクリエイターとしての自分ゴジラ)が宿主である総理を殺してしまうこともあったんですね。

それすなわち、エヴァ作成後、酷い鬱におちいった事実のものだと思いました。

ラスト沈黙しているゴジラ

あれ、寝かせてるエヴァ映画のものじゃないんですか?

またいずれゴジラを目覚めさせなければならない。

残り58分何秒…っていう時間提示がありましたが、残りそれだけ作れば完成するのか、もしくはそこまではできているのか。

次世代へのメッセージ

次の世代クリエイターたちよ、臆することなくやれ!!っていう叱咤激励

2つ目の解釈

日本自分で、米国は奥さん

米国の助けがあって、初めてゴジラを抑えることができた。

日本米国は対等で、Win-Win関係でやっていきたい。

まぁ要は今までありがとう、これからもよろしくね、っていう感謝気持ちがあるような気がしたのです。

ラストのしっぽ

あの人のようなやつ、「餓鬼」の表現だと思うのですね。

1.ゴジラ日本 を食らおうと狙っている存在

2.ゴジラ=この映画 を解釈つくし食べつくそうとしている存在=観客

この映画効能

自分がこの映画でいいな、好きだなと思ったところですが。

攻撃射線上に逃げ遅れた人を見つけた→躊躇わず攻撃中止の指示を出す総理

それに対して感情を出さずに退く自衛隊

書類の整備が多く意思決定スピードの足を引っ張る事務処理

 単独暴走を抑止し、団体の総意を必要とする構造になっている。

・不慮の事態が起こっても、代わりを選出し平静を取り戻す官僚

 実に理性的

感想

庵野さん充実してるんだなーって思いました。

  • http://anond.hatelabo.jp/20160807215122

    >総監督である庵野さんから観客へのメッセージとしか思えないのですが。 違います。あのメッセージは誰が言ったものですか。牧吾郎さんですね。 ここで牧吾郎さんの写真に注目し...

  • anond:20160807215122

    総理に向かって閣僚が決断を迫る場面でカメラが発言者の顔の真正面からとらえてて、自分が詰め寄られてるような気分になったから、観客に決断を迫ってるように思わせる効果もある...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん