2016-07-28

うなぎ絶滅する瞬間を見たいという欲望

 あんまり表立って言えないのだけれど、うなぎ絶滅する瞬間を見たい。


 昔から環境保護に関心があって、特に人間によって絶滅した種に異常な関心があった(ここでは「果たして人間によって絶滅した』と言われている種の絶滅要因は本当に人間であったのか」という議論無視する)。

 自分では性根がやさしく、動物に対するシンパシーが高いためと思っていたのだが、どうやら違うようだと最近気づいた。

 私はおなかが空いていたのだ。

 リョコウバトの肉を食べたハンターたちに嫉妬していたのだ。

 ドードーの肉を食べた船乗りたちを羨んでいたのだ。

 この世で万金を積んでも味わうことのできない料理があるとするならば、それはメガネウの丸焼きであり、マンモスステーキであるはずだ。そういう動物たちはまさに「美味い」という理由によって絶滅へと追い込まれたのである


 特にドードーが食べたい。どの文献を見ても、「ドードーはまずい」と書かれたものは見当たらない。船乗り遠征先ともなれば、一流シェフによる技巧を凝らした料理など期待できない。おそらく、捕まえて毛をむしって炙って塩かなにかかけて食う、程度の調理しか行わなかったのではないか。それでもドードー絶滅してしまうほど美味かったのだ。

 なのに、わたしたちはもうドードーを食べることができない。その肉を舌に乗せて愉しむことできない。なんて悔しい。


 それと同じような辛酸を来世紀の食いしん坊たちに舐めさせてやるのだ。


 ねえねえおばあちゃん、鰻っておいしかったの?

 ああ、おいしかったとも。特に蒲焼きが極上でね。こんなナマズなんかとは天と地だったよ。

 ふうん、いいなあ、僕も食べたかったなあ。

 ふぇっふぇっふぇっ、二十二世紀に生まれて損したね、セワシちゃん。


 子よ、孫よ、子々孫々にいたるまで、存分に羨め。

 おまえたちは鰻を食えない。

 私たちは、喰った。

 私たちが滅ぼしたんだ。

 絶滅とは絶対的な所有の一形態である。 

トラックバック - https://anond.hatelabo.jp/20160728204250
  • http://anond.hatelabo.jp/20160728204250

    えっ、昨日ドードー食ったけど? うまかったことはうまかったけど伝説になるほどでもないかな。身が大きいんで食べ応えがあった。 あーもしかしたらあれが最後の一羽だったかもしれ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20160728204250

    マジレスするとドードーが絶滅したのは「旨かったから」じゃなくて ◆ 食料として効率のいいサイズだったから ◆ 飛翔能力がなくバカみたいに捕まえやすかったから ◆ 生息地、...

  • http://anond.hatelabo.jp/20160728204250

    トキは食べてみたかった あとナマズdisってるけどナマズ唐揚げうまいよ! ウナギを求めてて食べたらそりゃ違うだろうけど ちょっと弾力のある白身魚といった体でうまい

  • http://anond.hatelabo.jp/20160728204250

    このエントリを見て、 「出来るものなら、オハイオ州に残った最後のリョコウバトを狙うハンターを、片っ端から狙撃してコヨーテの餌にしてやりたかった」 という感傷に駆られた。...

記事への反応(ブックマークコメント)

人気エントリ

注目エントリ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん