2016-06-26

才能ない編集者の末路を毎日考えてるけど

書籍編集者7年目にして会社員カースト最下層へ落ちた。

はてな見てると、作家デザイナーライターにとって版元編集者

強者」に見えるんだろうなと思う。

でも、そんな人は上澄み数パーセントだ。

会社ノルマ売上高刊行点数)にヒイヒイ言いながら

トップダウン方向性に則り、企画を立てまくり

ネットで著者を血眼で探し、新人はとことんディレクションし、

社内内部調整に駆けずり回り、デザイナーライターに頭を下げまくり

ようやく本ができて、プロモーションも全部仕込んで、PR記事を書きまくり

で、売れない。

売れる売れないは2週間くらいでジャッジメントされるから

1年がかりで作り上げた本も、3週間目には「存在しなかったこと」のように扱われ、

まあそれでも半年後くらいに、ノルマ未達成率とともに赤字額が提示される。

これを年間15回くらい繰り返す。

それを何年も、繰り返す。

やがて社内での立場もどんどん弱くなっていき

やばいと思って転職しようとしても、ヒットコンテンツがなければ他社にはそうそう入れない。

じゃあWEB鞍替えと思っても、WEBスキルがなさすぎる。

ていうか、すでにWEB業界編集者がどんどん流れてて

「紙の編集者プライドだけ高くて使いにくい」みたいな雰囲気になってる。

編集者とかクリエイティブとかもういい、と思っても、

つぶし効かないから、20代前半ならともかく、異業種への転職はかなり厳しい。

どこにも行けない。

無能と罵られながらその場に留まるしかない。

自分担当作は売れない、という事は痛すぎるほど分かっているのに

それでも新人作家を遠くに飛ばそうと全力を尽くすしかない。

新人作家は、編集者はなんでも正解を知ってると思ってる。言う通りにしますと頼ってくれる。

私についてきちゃだめなんだよ。

これが底辺版元編集者の実情です。

漫画家さん、デザイナーさん、ライターさん、編プロさん安心してください

版元編集者にも逃げ道なんてどこにもないですよ。


追記

ブコメしてもらった「担当される作家被害者」これは本当にそうです。

なんて詫びていいかからない。

念願の初著書に重版がかからなくても、

自分には力がなかったなんて、思わないでください。

私のように編集者がポンコツだったのかも。

テーマ時代と合わなかったのかも。

同日発売が多すぎて書店で埋もれたのかも。

カバーデザインがうまく目立てなかったのかも。

WEBで読まれるのが最適なタイプだったのかも。

機が熟してないのに何らかの事情で急がれてしまったのかも。

とにかく本が売れなかったのは、あなたのせいじゃない。

新人の本を出すのは当然ながらリスクがあって、

それでも出版したのは決裁する全員がきらめきに賭けたからです。

才能ない編集者にあたってしまっただけです。すみません

重版しようがしまいが著書はかなり強い名刺になるから、がんがん使ってください。

どうか作るのをやめないでください。

  • http://anond.hatelabo.jp/20160626021547

    ヒットとか関係なさそうな決まった本しか出さないような専門書とかの出版社でもそうなの?

    • http://anond.hatelabo.jp/20160626022242

      元増田じゃないけど、専門書の世界でもヒットだの売り上げだのは要求されます   むしろ専門な世界だけに、見込みの売り上げも少ないので営業からは もっと価格を上げろと言われ、 ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20160626021547

    頑張ってヒット作を分析しろよ・・・ ストーリーならハリウッドのシナリオ作成法とかの教本もあんじゃね?

  • http://anond.hatelabo.jp/20160626021547

    > 編集者というものは作家に対するルサンチマンが生の活力の源泉であるので、基本的には作家を、考える能力のない愚鈍な生き物と考えている節がある。作家を思い通りに操ることに...

  • http://anond.hatelabo.jp/20160626021547

    マジレスすっけど 書籍編集者なんて主婦がやるもんだろ 才能のない書籍編集はいる意味ないわ ルーチンで生きていけるジャンルに転職しな 教科書・医療系・会員向け・広告

  • http://anond.hatelabo.jp/20160626021547

    「書籍」編集つってもジャンル違うと異世界なのにあんまりそこが考慮されない問題ありつつマジレス。 元増田の書き方だと編集プロセスに「読者が求めているものを知る」段階が感じ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20160626081410

    http://anond.hatelabo.jp/20160626021547 才能がないと自嘲するひまがあるなら、退職願を書いた方がいいよ。 というか、書け。 才能のない編集者は周囲にとって害悪にしかならないから。 あなた...

    • こういう「マトモ」な意見を

      こういうマトモな意見を久々に読んで安心した。こういうことを少しでも考えている編集者がいるなら、まだ大丈夫だという気もする。 これが創作でなかったとして、の話だけど。増田...

    • http://anond.hatelabo.jp/20160626081410

      トラバ含めこのキモさ典型的な意識高い系

  • http://anond.hatelabo.jp/20160626021547

    路頭に迷わないだけ十分羨ましいんだが

  • http://anond.hatelabo.jp/20160626021547

    まさか定年まで40年同じ業界に居られると思ってないよな 業界の落ち目を感じたら脱兎のごとく逃げろ

  • http://anond.hatelabo.jp/20160626021547

    才能がない、興味も失せた業界にしがみついてもいいことないと思うけどな 増田は20代後半か、それくらいでまったくの別業種に転職する人いっぱいいるよ 転職先がないなんてのは中年...

  • anond:20160626021547

    なんか編集者みんな疲弊してるよな。 フリーに無茶ぶりしてくる編集者って、 前は「自分のポジションにあぐらかいてる傲慢なやつ」だったけど、 最近は「回しきれなくなった結果、...

  • http://anond.hatelabo.jp/20160626021547

    辞めていいよおまえ

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん