2016-05-16

ウィンドウズ10へのアップグレード中に強制終了したらパソコンクラッシュ

帰宅

帰宅パソコンOSインストールし直ししようとおもったら

インストーラーの型番が不一致 

がっくり

翌朝

翌日オフィスに来てみたら見つかった。

本当トホホ

そのまた翌日

新規購入SSDが納品!!!

いまから開封して感激に浸ろう。(5分だけ)

ガッツだぜ!!

今日帰宅SSDの取り換えおよびインストール実践だ。

睡眠中にウィンドウズ10へ移行してもらおう

またまた翌日

SSD換装については成功した。

ウィンドウズ7のインストール成功した。

しかネットワーク関係の設定ができない。

原因は?関連ドライバーファイルなどを入手し忘れた。

このマザボ無線LANの受信手がいない。ワイヤレスアダプタが外付けなのだ

またまたまた翌日

ワイヤレスアダプターのドライバーが入手でき見事にネット接続成功した。

これでこのマシン蘇生したといえよう。

ウィンドウ10へのアップグレードに関して何も言ってこないわ。

ある程度ウィンドウズ7がアップデートされないとだめなのかしら?

ウィンドウ10メールとか言うメールアプリにしてみやうかなと考えている。

雷鳥

雷鳥は大変なのかな?アドレス帳移植できんのか。

送信済みメール移植できるのか?

からない

補遺

クラッシュ前のパソの構成はISRT(インテルスマートレスポンステクノロジー:以下「あれ」)

に基づくものだった。

これって一時流行ったけど、あくまでもSSDが割高で低容量しか

現実的でなかった頃の過去遺物しかも、あれはクラッシュした時に

データが救済できる可能性が低い。

今や、SSDも安売りされているので

今時あれを導入する意味はない。

30円/GB価格ドットコム情報

あれが原因で結局パソの寿命は約3年ということか?トホホ

当時高かったであろう低容量SSDは、これでごみになるということか

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん