2016-02-11

自民党候補者公募制度をなんとかしろ

ゲス不倫のイク休宮崎議員とか、ゲイ買春武藤議員なんかは、自民党候補者公募で選ばれた議員らしい。

そういえば、古くは杉村太蔵なんてのもいたが。

結局、自民党公募制度に応募してくるなんてのは、上昇志向意識高いような言動コーティングして金と地位を手に入れて

ヤリたいことヤってやるぜウェーイっていうような怪しげな輩ばかりなんだろう。

イク休野郎なんざは、なんていうか、その経歴と、「バッチリ決めた無造作ロンゲヘア」をみるだけでも、チャラチャラと音がしてきそうだ。

長期的に見て自民党の評判を落とすだけなんだからあん公募制度バカ若者を集めるのはやめたらどうだろうか。

決して支持しているわけではないが、

野田佳彦かいう人は、地元中小企業経営者とかを地道に回って支援者を集めて、毎朝のように「朝立ち」をして

ようやく県議から国会議員へと駒を進めたらしく、曲がりなりにも総理大臣になる人は、チャラ男とは違うのだとおもう。

地盤に住んでいる人に聞くと、やはり「政治的に支持するかどうか」は別にして、地道に頑張ってた人という点では評価する人は多いらしい。

本気で国政に携わりたいののならせめてそれくらいの苦労はしたらどうかと思うわけで、例えば公募するにしても、まずは地方議員を一期くらいやらせるとかしたらどうだろうか。

トラックバック - https://anond.hatelabo.jp/20160211194212

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん