2016-02-11

Doglegs ポレポレ東中野

映画を見る前は不利な条件でも努力する障害者を見て感動する映画なのかと思っていた。

映画が進むとその先入観が崩れていく。

慎太郎依存していたのか?北島依存していたのか?

強い自我依存してきたのは誰だったのか。

北島マイク映画の構図が逆転する。

登場人物憐憫を感じる余裕などない。

出てくる人がみんな強い。生活が成り立っている。

お前はどう生きてるんだ。同じくらい強いのか。

お前も同じくらい戦っているか

言い訳はいらない。

涙を流して昇華することも許されない。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん