2016年01月11日の日記

2016-01-11

http://anond.hatelabo.jp/20160111231414

吸収効率が下がっているから、いくら食べても太らないんだよ。

いつでもいくらでも食べられる環境にある限り、体が脂肪を蓄える必要性を感じないので太らない。

意図的に1食抜きや1日断食みたいなことして、体にストレスを掛けるしかない。

http://anond.hatelabo.jp/20160111181833

心壊れる前に会社辞めとけ

退職認めてくれない超ブラック場合には証明郵便退職届送りつけて2週間後には法的に問題なく退職できる

ちなみに有給休暇許可ではなく、申請と同時に受理されるので、これも証明郵便で一緒に送りつけてすべて消化しろ

おそらく20日+土日で最低でも26日ぐらい在職中に休めるだろ

その間に転職活動すればいい

この程度のことでへたばっていてどうする!

と言われると膝から崩れ落ちて全部投げ出したくなる。

頑張って頑張ってようやく何とか生きる気力を保っている状態をこの程度と言われるほどに頑張ってまで生きて何があるんだろうか。

皆生きることを頑張りすぎてる。

忙しない日々を生きることを当り前にやりすぎてただ生きるために頑張って頑張るために頑張ってやる必要のない仕事まで次々始めてはその仕事を取り合っている気がする。

無駄を増やすことに忙しすぎて人生にちゃんとした意味を与える時間を削りきってるとしか思えない。

何だかとても馬鹿馬鹿しい。

休日仕事してフラフラして帰ってきた日には特にそう思う。

ここまでして生きて何になるんだ。

かといって全てを投げ出せば今度は生きることに追われるようになる。

それなりの医者にかかってそれなりの飯を食って安物のテレビパソコンに噛り付いて暮らすぐらいなら無料で出来無いもんだろうか。

世界中セレブ無意味に浮かべている豪華客船でも全部止めて見せたらアフリカ人間だってそれぐらいの暮らしは出来るんじゃないだろうか。

http://anond.hatelabo.jp/20160111231552

フェミ想像する「女一人で育てられる環境

って、養育費は18歳まで全額政府負担ベビーシッター・家政婦雇いまくり理想郷のことですよ。

ベビーシッター雇ったら、ベビーシッターと本人の二人で育てたとは言わんでしょ。普通

よく言われる、ヤクザ存在理由という奴ですね。

暗闇(負)を完全に消してはいけない。

http://anond.hatelabo.jp/20160111225111

色が入る形容詞は4つしかない

赤い・青い・白い・黒い

気がついたから書いた。

きっと何か歴史的意味があるに違いない。

[]1月11日

○朝食:カニカマ柿の種

○昼食:汁無し担々麺

○夕食:コンビニおでんカニカマ生春巻

調子

むきゅー!

三連休最終日でした。

今日模範的工作員さんという人のニコ生を見ていた。

2015年ゲームを振り返る、という放送で、楽しく視聴できた。

今日地域成人式があるんだけど、僕が住んでるアパートはその成人式の会場の真横なので、

ひじょーーーーーにうるさっかた。

いやなんかニュースになってるような地域と比べればましなのかもしれないけど、

ここもたいがいだと思う。

っていうか、全く意味がわからない。

車のエンジンの音を響かせて、奇声をあげることに何の意味があるんだ?

あと素朴な疑問なんだけど、あのどこからともなく出てくる「せい人(せいの字は四日市特有漢字があるのでググっていただきたい)」とテープ?的ななのが張ってある車は普段どこにいるんだろう。


ゲームニュース

Two Guys One Controller

http://kotaku.com/two-guys-one-controller-1751441497

うわーこれは素敵だな

と思って、ググったら山ほど画像が出てきた。

なるほど、海外文化なんだなあ。

今年は僕もこうして一緒に遊べる友達を……

作るの面倒くさいなあ、現状維持でいいや。

http://anond.hatelabo.jp/20160111152201

なんでもいいんだけどシロクマが書く気持ち悪い手紙をはやくやめさせてほしい。

古参忘年会かなんかやってんだからやんわりと注意しないと

コンビニ店長なりすましだったらどうすんだよ

なんでなんでなんでこうなった

真っ暗な会社でひとり

連休会社に黙って出社

ただの宿題みたいなもんが終わらない

ふぁせぼおkみちゃったみんなたのしそうだ

でもおれはだめだぶんふそうおうだ

もう30だ理系のしごとがむいてなかった

計画性ない仕事人生もないだから彼女もできない

まだずっと告白して振られたのに

このままじゃだめだだめだだめだ一生幸せになれない

どうしてどうしてどうしてこうなった会社でさっきからずっと大きな声でひとりごとひとりごと

やばいだれヵたすけて

結婚せずとも女一人で育てられる環境あれば、産んでみたいって人は一定数いる」

フェミの人がよくこういう主張をしているけれど、本当にそうか?

その一定数って、いるとしても本当にごくごく少数じゃないのー?

少なくとも私は絶対にごめんだ。

離婚するとしても養育費しっかり貰いたいし死別でも遺産保険金は残してもらいたい。

半分は相手の男の遺伝子を受け継いだ子供なのになんで「女ひとりで」育てなきゃならないんだよ

自分クローンでも作れるならともかく。

常人の3倍食べているのに痩せ体質が改善できない

どんぶり飯おかわり3杯は当たり前。カツカレー大盛りにラーメン餃子みたいな昼食も普通。間食にスナック菓子1袋にアイス2本とかもほぼ毎日やってる。

なのに体重が60㎏行かない。医者には「もっと体重をつけないと」といつも言われている。どうしたらいいんだ。身長(177cm)を縮めれはいいのか?

飛鳥涼という男について

多分、多くの人は今話題ブログや、いわゆるチャゲアスとしてのアスカだと思うのだが…。

先に個人的にそれほどチャゲアスのファンでないのは断っておく。

自分も調べていてビックリしたのだけど、飛鳥涼名義での楽曲提供(80s、90s)が多くて、その多くが人気の楽曲となっている事、またアジアにおける彼らの人気にびっくりしている。

…。つまり何をいいたいかというと、もうお金に困ることも無いし、ほとんどの人の人生で抱える問題を解決できる立場にいるわけだ。

でもだからこそ、逆にこういう風な刺激がどうしても必要だったのではないかと思っている。

多くのミュージシャン始めクリエイタが同じような問題になりがちだが…、なんか色々考えてしまう。

究極の保身は変化し続けること。保守派はこれが分かっていない。

ガチガチに変化を拒み結局、己の身を守れない。

しかし、ちぐはぐに変化するのではなく、一本、芯を持ちながら変化するのが大切だけど。

http://anond.hatelabo.jp/20160111231056#tb

2台持ち3台持ちしてないのなんて、先進国日本だけだよ

しっぺデコピン馬場チョップ

馬場チョップ受け継がれ過ぎだろ……

元彼の職場転職しようかと思う

私が職業コンプレックスのかたまりだったため、嫌気がさした彼に振られた。

つらくて苦しくて、この悲しみを原動力転職活動しようかと思う。元彼の職場に。迷惑かなぁ。

http://anond.hatelabo.jp/20160111225317

とか?

現状の日本大麻取締法罰則の重さから考えると無理だろうが。

http://anond.hatelabo.jp/20160111222228

うーん、どうかなぁ、もちろんスルーして返事だけ適当にしとくって考えもないことはないんだけど。

実はこないだ、もう一人関わってる上司みたいな人がいて、電話口だけど喧嘩しましたw

ふとね、福島第一原発で所長だったあの故・吉田さんがなんか頭に浮かんできてね。

かい話は知らないけど、なんかあの人ってホント現場責任者」の鑑みたいな印象があるんですよね。

 

余談ですけど、私は現場、あるいは現場の働いてる仲間たちを守りたいっていうか、あるいは宿泊客笑顔とか感謝挨拶だったり、なんかそーゆーレベルしか仕事出来ないみたいです。

あと自分仕事真摯に取り組みたいとか。

正直、会社なんかどーでもいいです。

http://anond.hatelabo.jp/20160111181833

28歳のIT土方非エンジニア)ってプログラマですか?

ぶっちゃけ28歳で普通にコードが書けるなら、条件はさておき就職はいくらでもあると思います

とりあえず、キャリアトレックなどの転職あっせんサイト登録してみて、

自分希望職種求人がありそうかどうかだけでも把握してみるとよいと思います

http://anond.hatelabo.jp/20160111225111

弱小主人公雑草)に敵(危険ドラッグ)が次々に襲ってくる。

ピンチになった主人公覚醒する(雑草→実は大麻だった)。

敵「ま、まさか奴はオリジナル!?俺たちの勝てる相手ではない!シャブ様ー!」

みたいな展開?

一家に一台原発があるのがベスト

ロス考えれば当たり前だろ

復讐のあと、あとの祭り

大学生人生夏休みだそうだ。

誰がそう言い始めたのかはわからないが、おそらくそ人間とは仲良くなれない。おそらくそいつは大学生活が楽しくて楽しくて仕方なかったのであろう。でないと、ある一定の期間を「夏休み」なんて名づけることはしないはずだ。

では僕の四年間は何なのかと聞かれると、うまく言い表すことができない。

一浪の末入った大学で、たまたま打ち込めるもの出会って三年間ひたむきにがんばり、そのまま周りの文系学生と同様就活戦線突入した。16卒の就職市場は近年まれにみる売り手市場と言われており、始める前はそういう風潮を作られると逆にプレッシャーが増すのでやめてほしいと思ったものだが、自分もうまくその流れに乗ることができたのであろう。その三年の努力武器にして就活戦線を勝ち抜き、いわゆる大手内定をもらうことができた。他の内定者と比べて自分特に優れた能力を持っているとは思えないし、やっぱりラッキー、ツイていたとしか言うほかない。

内定先をサークルの後輩に告げると、今まで見たことのないような目で僕を見るようになった。まるで、試合で勝利を決定づけるシュートを決め、ヒーローになった選手を見るような羨望と憧憬が入り混じった目で。正直引いてしまうほどだった。それからあれやこれやと質問されるようになり、手のひらを返されたようにも感じた。しかし、不思議と悪い気はしなかった。いままで人に尊敬されるような人間ではなかったから。

就職大学四年間の目標とするのならば、僕はきっと勝利したのである

しかしながら僕はずっと、胸にぼんやりとした不安を感じている。日々何か大きな間違いを犯している。そんな気がしてならないのである

僕は、中学時代に周囲から容姿についてからかわれていた。当時はずいぶん思い悩んだものだが、時が経つにつれて容姿に対するコンプレックスは徐々に薄れていき仕方ないと思えるようになった。周りも年を重ねるにつれて分別がつくようになったのか、僕の欠点を口にすることは少なくなった。だがその「いじり」の主犯に対する怒りは収まることはなかった。彼とは別々の高校に入ることになりもう会うことはほぼなくなっても、そいつよりも「上の」((これが最大の間違いだった))人間になろうと毎日を送ってきた。「優雅な生活が最高の復讐である」と昔読んだからである

ところが内定が決まってだらだら過ごしていた大学四年の夏、そいつと久しぶりに会ってしまった。彼はコンビニ店員になっていた。僕は浪人のためまだ学生だが、彼はすでに卒業を迎えているはずだった(前にSNSで誰かが拡散している彼の卒業式写真を見てしまっていた)。僕も向こうも、互いに気が付いたが何も言わなかった。あったのはマニュアル化された会計のやりとりだけだった。

その帰り道を歩いていると、恐怖感とも喪失感もつかない思いが沸き上がってきた。人生の良しあしを一つの物差しで測ることはできないが、少なくとも彼と対面した時僕は勝ったと感じてしまった。その結果、自分のされたことに対する怒りがすっかり抜けてしまったのである。それがこの7年ほどの原動力だったのに。

それからというものの、もともと抱えていた不安がなぜかより大きくなった。性根は(たぶん)ポジティブで雑な人間なので、このまま精神バランスを崩して寝込むことはないだろう。しかしだからといって、時間をかければこの不安が解消されたり小さくなったりするような気もしない。このまま進むことも戻ることもできず、ただずっとこれを抱えて生きることになるのだろうか。

それからというものの、コンビニで彼とは出会っていない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん