2015-09-20

実写版進撃の巨人」はうず高く積み上げられたクソの山

昨日後編を見てきた。

後学のため、自分なりに何が良くて何が駄目だったのかを考察してみたい。

はじめに

  • 僕は前編をわざわざIMAXで見たし、期待値結構高かったのだが、後編では見事に裏切られたような気分になった。
  • 前編鑑賞後、ネットでの酷評を見てもあまり共感しなかったし、どちらかと言えば擁護に回りたいくらいの気持ちだったが、後編では見事に裏切られたような気分になった。
  • 映像面では見るべき部分は多数あったにも関わらず、もう二度と見返す気が起きない。それくらい後編では見事に裏切られたような気分になった。

本題



良かった点

前編ではある程度原作をなぞってはいものの、大幅な改変が加えられていたので、先の展開を知らないということによる楽しみはあった。

超大型巨人などの「名前付き」はもちろん迫力満点で、細かく見てもカッコよくできていた。賛否あるモブ巨人に関しても「東宝特撮怪獣ゾンビ映画」だと思えばなかなか良いものだった。

立体起動もスクリーンで見る限り、アラは気にならなかった。

恐いとまではいかないものの(見慣れているので)流血や欠損などの表現が徹底していたのも良い点だった。

悪かった点

両方とも1時間半程度なので、余計な部分を削れば1本にまとめられたのではないかと思う。

特に後編は勢いがなく、序盤は少しワクワクしたものの、以降失速したままノロノロとラストまで走り続けた。

「物足りないけど多分ここで終わるんだろうな」という予想を立てたところで本当に終わってしまい、呆れた。

それもこれも1本なら気にしないで見ていられたのではないか。

これでかなり尺を取っていた。恋愛ドラマみたいなところは全編カットでよかったんじゃないのか。

武田梨奈はそういう役割から目を瞑るにしても、エレンに子持ちが迫るくだり要ったか? ミカサとシキシマが恋仲って要ったか? アルミンとサシャのイチャイチャも要ったか

僕が恋愛離れしすぎているだけだろうか、とにかく全部不要に思う。

  • 人の生き死にが軽い

せっかく前編の死闘を生き残った中心メンバーも、後編では使い捨てのように死んでいく。

その一方で特に説明なくなかなか死なないキャラもおり、説得力がなくなっていた。

素人編集かと思うくらい無駄なシーンが多かった。前後編に分けるための時間稼ぎか?

説明台詞も多い。その割に全然話を聞かない登場人物たち。圧倒的ディスコミュニケーション

叫ぶだけだったり語るだけだったり、とにかく邦画の悪いところが全部出ていた感じがする。

それをやられると全然共感できなくなる。表情筋を使えばいいというものではないのだ。

目を奪われるような魅力的な人物もいない。シキシマなどは本来すごく魅力的に映らなければいけないはずだが、最終的に小物になっていた。

結局何がいけなかったのか~傾向と対策


おわりに

  • とりあえずざっと思い付くところでこんな感じだろうか。
  • こうして後から考えることができたという点では、値段相応の楽しみはできたとも考えられる。
  • ゴジラではもっと頑張ってもらいたい。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん