2015-05-16

髪を切ったときに周りの人は黙ってスルーが素敵

ずっと髪を短くしたくて、でもいちいち周りの人から「おっ?髪きった?」ってタモリさんばりに言われるの本気で嫌で切れなかった。

でもやむを得ず切った。

自分で短めにしたい欲求がたまらなかったしもう限界だった。

ライブにいくから綺麗にととのえる、という大義名分を利用して美容室に行った。

もちろん「そろえてください 」というオーダーも可能だった。

でも欲求が勝った。

「かなり短くなりますけど?」とローマの休日以来はびこるお決まりセリフを言われ、

「おねがいします」とオードリーになりたかったわたしは答えた。

切った結果やはり楽だ。

知ってる。この楽さ。

髪乾くの速ウィーーー

抜け毛なんだか少ないように思えるーー

でも出勤するといわれる。しかたない。

「あぁ、誰かと思った」

上司のことば。いいぞ、あたりさわりない。さすが。

「昨日の見積のやつどうしたの?」

同期の同僚のことば。いいぞ、スルー大歓迎だしわかってるなお前…

「あのさ、この伝票なんだけどさ!」

事務のおばさまのことば。いいぞ、ガチスルーありがとう好きになったよ!

「かわいくなったね」コロス

「どうしたの?イメチェン?」イメチェンてなんだ。お前もコロス。

「わぁー!わぁ!(ジェスチャーで指チョキチョキ)」昭和やめろ。わたしも昭和から

「なんかあったの?大丈夫??!」昭和やめろ。失恋で髪切るイコールやめろ。わたしも昭和だっつうの。

友達たちはいいんだ。話題ひとつだし。興味さしてないだろうし。

職場及び取引先及び営業相手がキツイ

たのむ。なにもいうな。

本当に仕事に愚直な人は男女関係なく言わなかった。

いちいち言ったのは怠惰なやつだけだった。

もう一度言う。

たのむ。髪を切ったごときで、何も、いうな。

トラックバック - https://anond.hatelabo.jp/20150516185124

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん