2015-02-13

海外メーカーの激安PC日本に来ると激安じゃなくなっている理由

約7秒起動で11acにも対応し、重量1.1キロChromebookが3万5000円で登場

http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/303/303366/

これ、アメリカAmazonではメモリGBバージョンが200ドルで売っている。

日本版メモリGBらしいけど、1万3千円近くの差額になるほど違うのか?

最近人気のEeeBook X205TAだってアメリカだとOffice 365付きで200ドル台前半。

日本だとKINGSOFT OFFICE付で、3万円台半ば。

安くて軽くてよさそうなノートPC日本にやってくる間に、全部何か

ぐじゃぐじゃってよくわからない理由で高くなって、ダメな感じが漂う現象名前をつけたい。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん