2014-09-26

戦前財閥兄弟分割されなかった不思議

戦後西武財閥森ビル財閥穴吹工務店財閥はいづれも兄弟で分割され「財閥解体」した。

そういう「財閥解体」を見ると、逆に戦前三井財閥三菱財閥住友財閥は「何故兄弟相続解体」されなかったのか、不思議な気がする。

海外でも、サムスン財閥などは兄弟解体される可能性大だし、ロスチャイルドなども兄弟相続分散されている。

財閥兄弟解体されなかった」のは戦前日本オリジナル事象だと思う

例えば三菱財閥

長男は重工を継ぎ、次男は銀行を継ぎ、三男は地所を継ぐ」みたいな財産分割が、何故行われてなかったのだろう?

三菱三井住友のどの財閥も、兄弟分割されなかったというのは、偶然とは考えづらい

恐らく、戦前の「長子相続」「戸主制度」の影響だろうなあ。

国を代表する財閥である三菱が、兄弟相続みたいな「リベラル」「アカ」なことは、出来なかった

というか、明治政府の思惑としては、

三菱などの大財閥が、兄弟分割されずに財閥としての一体性を保持する」ことが、「富国強兵必須条件」として、

相続長男相続限定したんだろうなあ

1900年時点の、先進国(帝国主義国)の相続法規がどうなっていたか、興味ある。

日本みたいな「長男100%相続」という国は他にあったのか?

  • http://anond.hatelabo.jp/20140926204339

    日本も一応法律上は1889年以降平等相続らしい。 1900年時点の先進国で法律上は不平等相続は多分ない。 でも日本みたいに法律上では平等でも慣習から不平等相続が維持されているところ...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん