2014-09-25

地域特産品に頼った地域創生政策は必ず破綻する

地方創生を「農産物で」と政府は考えてるようだが、

「全国1000超の自治体それぞれに、地方創生用のキラーコンテンツ(キラー農産品特産品)を用意する」のは

無理ゲー」じゃないか?

それぞれの自治体が「他の地域にない特産品」を用意すること自体は、大して難しくない。

そうじゃなく、

「全国の各自治体が1,000種の特産品を用意したところで、消費者サイドが記憶できる容量が、せいぜい100種程度だから意味がない」のだ。

プロバイヤーならともかく、一般消費者が「1000もの特産品」種類を記憶しきれる訳がない。

人間記憶力は有限で、多分、その辺の消費者記憶してる農産物の種類なんて100種類程度だろう。

「一つ新たな品種記憶したら、多分以前記憶した別の品種のことを忘れてる」、それが普通人間の脳

そもそも、「全国1000超の地方自治体名前を知ってる」なんて人は地理マニア程度で、一般人ではほとんどいない。

から各自治体が1種類、つまり合計1000種のキラーコンテンツを用意したところで、覚えてもらえるのはその中の1割だけ

また、ネット時代は「勝ち馬に乗る」消費行動が顕著。

ランキングに入った食材コンテンツは、ますますアクセスクリック殺到する。

ベスト10入りか、惜しくも11位か」。この「たった1つの順位差」が、アクセス数に天と地の差をもたらす。

何故なら、「11位だとページが1ページ目に入れずに、2ページ目になったりする」から

まりキラーコンテンツも、結局勝ち馬現象で、上位10コンテンツしか生存できない。

地域特産品で地域おこし」と言う発想 は、そういう発想する地域数が一桁から二桁ならなんとかうまくいく。

しかし全自治体がそういう発想したら、地域数が四桁になったとたんに破綻する

特産品作りをやめろ」とは言わないが、地域創生には別の手法必要

増田知事が主張する「高齢者移住させ、高齢者年金介護医療支出地域経済を回す」の方が、はるか現実的

  • http://anond.hatelabo.jp/20140925230945

    地方ゆるキャラでコンスタントに目立ってるのが くまもんとふなっしー位だってことを考えれば分かりそうだけどな。

  • anond:20140925230945

    地域の名産品というのは、実はすでに状況的に終わっていたりもする。 昔は、各地域の地域性に沿った作物・産品を作るのが一番経済的に有利だったから、それらを作っていた。 でも...

  • http://anond.hatelabo.jp/20140925230945

    「高齢者を移住させる」 なんて事が可能なら、そもそも地方経済を気にする必要はないだろう。 地方から都市部や東京に移住させて、無人地帯は放置すれば問題は解決だ。 奇跡の一本...

  • http://anond.hatelabo.jp/20140925230945

    市場は、一般消費者っていう1個のセグメントしか無いという発想にびっくりしている。 地域の人たちがそれなりに豊かに暮らせる程度の収益性があれば良い=とあるカテゴリで上位に...

  • anond:20140925230945

    本気で地方を立て直すならば、財源の流れをコントロールするしかない気がする。 道州制導入が唱えられていたとき、消費税を地方の財源に分け与えるという政策があった。 部分的に...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん