2014-08-23

理解できないやつを無視できない

ツイッターである人がよくリプライをくれるのだけど、その人の言っていることがいつも理解できない。なんというか、世界の違いを感じる。

ってことを知人に話してみたら、「そういうやつはブロックしちゃえばいいじゃん」と言われた。うーん、でもなあ。

たとえば理解できた上でうざいとか邪魔と感じた場合なら、私は何の躊躇もなくその人をブロックするだろう。でも理解できない場合ブロックしたくない。理解できないままにブロックしてしまうことは、なんだか怖い。

似たようなところで、「理解できない人」「世界の違いを感じる人」をはなから「相手にしない」人をよく目にするけど、それもどうにも私にはできない。たとえばカルト教の信者だろうが教祖だろうが、はてなブックマークスパム行為をはたらく人だろうが、快楽殺人者だろうが、モンスターペアレントだろうが、ネット右翼だろうが、なんであっても理解したい。理解しないままにしておくことがすごく怖い。

それが架空キャラクタだったりしたらたぶん平気なんだけど。でもその人が現実にいる以上、私がその人と相対することもありえるわけで、そのとき「その人が何を考えてるのかわからないこと」「行動を予測できないこと」を想像すると怖くてたまらない。

※ちなみに余談だが、同じく「理解できない」という理由で猿とかも怖い。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん