2014-08-16

ペヤングの作り方

ペヤング歴=年齢の俺の最近の手順。基本は戻し2分蒸らし1分だが、細かいチェックポイントが増えてきたのでまとめておく。

もっと工夫できる点があったら教えてくれ。

  • かやくをかける。麺の下に入れる流儀もあるが、自分普通に麺の上にかける。
  • 湯切り口の爪を開く。忘れると後で大変。
  • お湯を注ぐ。きっちり線まで。
  • 2分待つ。
  • 湯切りする。蓋を抑えて一滴も出なくなるまでしっかりと。
  • 蓋を指で弾いて張り付いたかやくを落とす。10-20回くらい。
  • ソースを蓋の上に載せ、食卓に移動。
  • 声に出して「ありがとう」と言う。心を込めて。
  • 湯切りから1分たったら蓋を開ける。
  • 水分を飛ばすため麺を持ち上げてほぐす。
  • ソースの袋を、極限まで開封口が小さくなるように開ける。
  • お好み焼きのように、ソースをまんべんなくかける。
  • スパイスをかけ、軽く混ぜる。
  • リカケをかける。
  • いただきます
  • http://anond.hatelabo.jp/20140816125027

    かやくを麺の上に置いても下に置いても、混ぜた時にどうしても容器の下隅に固まってしまい、食べにくくなる傾向がある。さらに、下隅に固まったかやくは、ソースを吸いすぎてしま...

    • http://anond.hatelabo.jp/20140817212720

      かやく別茹でを試してみたが、かなりうまかった。 ソースのかかってないペヤングのキャベツがあんなに甘いとは。 ありがとう。

    • http://anond.hatelabo.jp/20140817212720

      おお! 余ったソースを捨てるというのはやってみたいな。 どうも貧乏性で、ソースを捨てるという考えがなかったが、確かにあの液体ソースは下に たまっちゃうもんな。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん