2014年06月28日の日記

2014-06-28

http://anond.hatelabo.jp/20140628235654

,r-‐、              r、_

  /  .ハ     __          ). `ヽ

. i'   / 弋‐r-´- ミ、___      ノ :.    i,

. 'i,  /.   ヽl _,-= _`ヽミー--‐''´  ;    i,

  ヽイ    ' , ,r==ニ、,ヽ、    .:;    |

   i,     ; __ ,r‐'´-‐ニヽ、 ;       l

.   i,      ';. ‐-、´r'´-‐=ニヽ、    i

.    ヽ     ';. -‐´- -ニ-_=.ヽ、   ノ

    ヽ、    ;: ´ ,r ,.--‐ニニ'`_ヽ、 /

      ヽ、,    ':;.  ,-'r' ,-‐‐=`‐-、X、

        `ヽ、,_  ' :;..    _,,r- ‐ ‐-、' _

           ``'ー‐-、  .i',ri,、  ,r‐-、 ヽ、

                `ヽィ七フ) ´  、ヽ `ヽ、

                  `ヾ゛, ` 、ヽヾ i,ヽ `ヽ、

                    i, ', `、.\',.i, `ヽ、ヽ、

                     i、`、 ';,  ヽ ', i,. ヽ, '!

                     ヽ、ヾ,ヽ  i!.ミ ', 'i |

                       `ヽ、 '、 .'ii!)l .リ ノ

                         ` ミ、 i,l,i,',.{y

                           ヽ、リ'゛、j

,r-‐、              r、_

  /  .ハ     __          ). `ヽ

. i'   / 弋‐r-´- ミ、___      ノ :.    i,

. 'i,  /.   ヽl _,-= _`ヽミー--‐''´  ;    i,

  ヽイ    ' , ,r==ニ、,ヽ、    .:;    |

   i,     ; __ ,r‐'´-‐ニヽ、 ;       l

.   i,      ';. ‐-、´r'´-‐=ニヽ、    i

.    ヽ     ';. -‐´- -ニ-_=.ヽ、   ノ

    ヽ、    ;: ´ ,r ,.--‐ニニ'`_ヽ、 /

      ヽ、,    ':;.  ,-'r' ,-‐‐=`‐-、X、

        `ヽ、,_  ' :;..    _,,r- ‐ ‐-、' _

           ``'ー‐-、  .i',ri,、  ,r‐-、 ヽ、

                `ヽィ七フ) ´  、ヽ `ヽ、

                  `ヾ゛, ` 、ヽヾ i,ヽ `ヽ、

                    i, ', `、.\',.i, `ヽ、ヽ、

                     i、`、 ';,  ヽ ', i,. ヽ, '!

                     ヽ、ヾ,ヽ  i!.ミ ', 'i |

                       `ヽ、 '、 .'ii!)l .リ ノ

                         ` ミ、 i,l,i,',.{y

                           ヽ、リ'゛、j

,r-‐、              r、_

  /  .ハ     __          ). `ヽ

. i'   / 弋‐r-´- ミ、___      ノ :.    i,

. 'i,  /.   ヽl _,-= _`ヽミー--‐''´  ;    i,

  ヽイ    ' , ,r==ニ、,ヽ、    .:;    |

   i,     ; __ ,r‐'´-‐ニヽ、 ;       l

.   i,      ';. ‐-、´r'´-‐=ニヽ、    i

.    ヽ     ';. -‐´- -ニ-_=.ヽ、   ノ

    ヽ、    ;: ´ ,r ,.--‐ニニ'`_ヽ、 /

      ヽ、,    ':;.  ,-'r' ,-‐‐=`‐-、X、

        `ヽ、,_  ' :;..    _,,r- ‐ ‐-、' _

           ``'ー‐-、  .i',ri,、  ,r‐-、 ヽ、

                `ヽィ七フ) ´  、ヽ `ヽ、

                  `ヾ゛, ` 、ヽヾ i,ヽ `ヽ、

                    i, ', `、.\',.i, `ヽ、ヽ、

                     i、`、 ';,  ヽ ', i,. ヽ, '!

                     ヽ、ヾ,ヽ  i!.ミ ', 'i |

                       `ヽ、 '、 .'ii!)l .リ ノ

                         ` ミ、 i,l,i,',.{y

                           ヽ、リ'゛、j

,r-‐、              r、_

  /  .ハ     __          ). `ヽ

. i'   / 弋‐r-´- ミ、___      ノ :.    i,

. 'i,  /.   ヽl _,-= _`ヽミー--‐''´  ;    i,

  ヽイ    ' , ,r==ニ、,ヽ、    .:;    |

   i,     ; __ ,r‐'´-‐ニヽ、 ;       l

.   i,      ';. ‐-、´r'´-‐=ニヽ、    i

.    ヽ     ';. -‐´- -ニ-_=.ヽ、   ノ

    ヽ、    ;: ´ ,r ,.--‐ニニ'`_ヽ、 /

      ヽ、,    ':;.  ,-'r' ,-‐‐=`‐-、X、

        `ヽ、,_  ' :;..    _,,r- ‐ ‐-、' _

           ``'ー‐-、  .i',ri,、  ,r‐-、 ヽ、

                `ヽィ七フ) ´  、ヽ `ヽ、

                  `ヾ゛, ` 、ヽヾ i,ヽ `ヽ、

                    i, ', `、.\',.i, `ヽ、ヽ、

                     i、`、 ';,  ヽ ', i,. ヽ, '!

                     ヽ、ヾ,ヽ  i!.ミ ', 'i |

                       `ヽ、 '、 .'ii!)l .リ ノ

                         ` ミ、 i,l,i,',.{y

                           ヽ、リ'゛、j,r-‐、              r、_

  /  .ハ     __          ). `ヽ

. i'   / 弋‐r-´- ミ、___      ノ :.    i,

. 'i,  /.   ヽl _,-= _`ヽミー--‐''´  ;    i,

  ヽイ    ' , ,r==ニ、,ヽ、    .:;    |

   i,     ; __ ,r‐'´-‐ニヽ、 ;       l

.   i,      ';. ‐-、´r'´-‐=ニヽ、    i

.    ヽ     ';. -‐´- -ニ-_=.ヽ、   ノ

    ヽ、    ;: ´ ,r ,.--‐ニニ'`_ヽ、 /

      ヽ、,    ':;.  ,-'r' ,-‐‐=`‐-、X、

        `ヽ、,_  ' :;..    _,,r- ‐ ‐-、' _

           ``'ー‐-、  .i',ri,、  ,r‐-、 ヽ、

                `ヽィ七フ) ´  、ヽ `ヽ、

                  `ヾ゛, ` 、ヽヾ i,ヽ `ヽ、

                    i, ', `、.\',.i, `ヽ、ヽ、

                     i、`、 ';,  ヽ ', i,. ヽ, '!

                     ヽ、ヾ,ヽ  i!.ミ ', 'i |

                       `ヽ、 '、 .'ii!)l .リ ノ

                         ` ミ、 i,l,i,',.{y

                           ヽ、リ'゛、j

,r-‐、              r、_

  /  .ハ     __          ). `ヽ

. i'   / 弋‐r-´- ミ、___      ノ :.    i,

. 'i,  /.   ヽl _,-= _`ヽミー--‐''´  ;    i,

  ヽイ    ' , ,r==ニ、,ヽ、    .:;    |

   i,     ; __ ,r‐'´-‐ニヽ、 ;       l

.   i,      ';. ‐-、´r'´-‐=ニヽ、    i

.    ヽ     ';. -‐´- -ニ-_=.ヽ、   ノ

    ヽ、    ;: ´ ,r ,.--‐ニニ'`_ヽ、 /

      ヽ、,    ':;.  ,-'r' ,-‐‐=`‐-、X、

        `ヽ、,_  ' :;..    _,,r- ‐ ‐-、' _

           ``'ー‐-、  .i',ri,、  ,r‐-、 ヽ、

                `ヽィ七フ) ´  、ヽ `ヽ、

                  `ヾ゛, ` 、ヽヾ i,ヽ `ヽ、

                    i, ', `、.\',.i, `ヽ、ヽ、

                     i、`、 ';,  ヽ ', i,. ヽ, '!

                     ヽ、ヾ,ヽ  i!.ミ ', 'i |

                       `ヽ、 '、 .'ii!)l .リ ノ

                         ` ミ、 i,l,i,',.{y

                           ヽ、リ'゛、j

,r-‐、              r、_

  /  .ハ     __          ). `ヽ

. i'   / 弋‐r-´- ミ、___      ノ :.    i,

. 'i,  /.   ヽl _,-= _`ヽミー--‐''´  ;    i,

  ヽイ    ' , ,r==ニ、,ヽ、    .:;    |

   i,     ; __ ,r‐'´-‐ニヽ、 ;       l

.   i,      ';. ‐-、´r'´-‐=ニヽ、    i

.    ヽ     ';. -‐´- -ニ-_=.ヽ、   ノ

    ヽ、    ;: ´ ,r ,.--‐ニニ'`_ヽ、 /

      ヽ、,    ':;.  ,-'r' ,-‐‐=`‐-、X、

        `ヽ、,_  ' :;..    _,,r- ‐ ‐-、' _

           ``'ー‐-、  .i',ri,、  ,r‐-、 ヽ、

                `ヽィ七フ) ´  、ヽ `ヽ、

                  `ヾ゛, ` 、ヽヾ i,ヽ `ヽ、

                    i, ', `、.\',.i, `ヽ、ヽ、

                     i、`、 ';,  ヽ ', i,. ヽ, '!

                     ヽ、ヾ,ヽ  i!.ミ ', 'i |

                       `ヽ、 '、 .'ii!)l .リ ノ

                         ` ミ、 i,l,i,',.{y

                           ヽ、リ'゛、j

,r-‐、              r、_

  /  .ハ     __          ). `ヽ

. i'   / 弋‐r-´- ミ、___      ノ :.    i,

. 'i,  /.   ヽl _,-= _`ヽミー--‐''´  ;    i,

  ヽイ    ' , ,r==ニ、,ヽ、    .:;    |

   i,     ; __ ,r‐'´-‐ニヽ、 ;       l

.   i,      ';. ‐-、´r'´-‐=ニヽ、    i

.    ヽ     ';. -‐´- -ニ-_=.ヽ、   ノ

    ヽ、    ;: ´ ,r ,.--‐ニニ'`_ヽ、 /

      ヽ、,    ':;.  ,-'r' ,-‐‐=`‐-、X、

        `ヽ、,_  ' :;..    _,,r- ‐ ‐-、' _

           ``'ー‐-、  .i',ri,、  ,r‐-、 ヽ、

                `ヽィ七フ) ´  、ヽ `ヽ、

                  `ヾ゛, ` 、ヽヾ i,ヽ `ヽ、

                    i, ', `、.\',.i, `ヽ、ヽ、

                     i、`、 ';,  ヽ ', i,. ヽ, '!

                     ヽ、ヾ,ヽ  i!.ミ ', 'i |

                       `ヽ、 '、 .'ii!)l .リ ノ

                         ` ミ、 i,l,i,',.{y

                           ヽ、リ'゛、j

http://anond.hatelabo.jp/20140628195814

乱獲も何も、多く獲れば単価は下がる訳で、もしも乱獲が発生するなら、大きな需要をこさえた社会とも無関係ではない。

「俺達ばんばん魚食うけど生態系大事から漁師はなんとかせい」ではどうにもならん。

問題意識を持つのは素晴らしいが、一面的糾弾で終わるのなら解決しないし、人が傷つくだけだ。

http://anond.hatelabo.jp/20140628234454

お隣は共働きのご夫婦で、トイプードルを二匹飼っているが子供はいないようだ。

広い庭がただうらやましい

共働きから金もってんだろうな~

畜生

http://anond.hatelabo.jp/20140628084219

指摘その1。

他の人間も言っているが集団的自衛権に全く関係がない。中国韓国が攻めてきた時に守るかどうかという話と、集団的自衛権は全く関係がない。どこに関係があるのかというと、多分左翼の頭の中にしか無い。

指摘その2。

日本がどこからか攻撃を受けるとしたら、韓国中国以外はありえない。

中国属国になるという事は、そもそも社会主義化するという事だ。社会主義になってしまったら最後文化が滅びる。天安門事件を知ってるだろう。文化に誇りを持つ人間戦車ミンチにされた。職にありつけるんじゃないか、だって?逆だよ逆。大抵の人間肉体労働職になる。今の職業関係なしに、大体の人間が「単純労働力」を強いられる。社会主義国家なんてそんなもん。でもって給料はどいつもこいつも今の数分の1に減る。あ、あと上司に絶対服従で、アドバイスなんてしたら死刑覚悟するレベルだよ。

韓国属国になる場合は、よく判らん。なにしろあり得なさ過ぎるし、あの国が属国をもった過去が無いし。ただ、今よりいい暮らしなんて絶対無理。あと、韓国軍によるレイプ覚悟しておく事。ベトナム前例

指摘その3。

お前は寂しいやつだ。自分さえ良ければどうでもいいという人種である事を自覚しろ自分が守るべき人間が居ない。だからそういう発想になる。

守るべき人間がいないのか?だとしたら、貧しい人生だな。老後をどうするつもりか知らないが、守るべき人間がいるなら、他国から侵略に守るべき人間を守る、そういった発想になるはずだ。

指摘その4。

お前は、人生クオリティにおいても、知識量においても、知能においても、全てにおいてその辺に適当にしてるネトウヨに遥かに及ばないクズだ。ネトウヨがすぐに騒ぐのは、少なくともお前には居ない、守るべき人間いるから、頭が相応に悪かったとしても、守りたいという心で騒いでる。お前みたいなクズとは違う。

http://anond.hatelabo.jp/20140628235131

「塩村の行動に問題があるからヤジられたんだ」ってのはないよ

だいたいヤジしてる人は塩村がクズかどうかなんて別にそこまで気にしてないだろうし

クズからヤジられた、だからどうでもいいという理論はないと思う

あれが純真なまともな娘に向けられたもんならまだ議論が変な方向には行かなかったと思うよ

ただ、塩村の議員生命は終わったでしょ

ヤジがどうこうと言うより、ヤジで注目されたことにより汚い過去が表に見えすぎた

「実はクズなのよねー」と一部の人が知ってるだけだったのに「マジクズ」と多くの人が知ってしまうことになった

これはすごいマイナスだと思うが

原発で戦う隊員に我々も続け!

原発で戦う隊員に我々も続け!

反原発脱原発

頑張れ地球

頑張れ地球

http://anond.hatelabo.jp/20140628223302

村議員の活動、そんなに気になるかな

泣いたからかわいそう、って問題になったわけじゃなく野次が余りにアレだったから問題になったのに

すり替えてるやつら多いよなー

宗教右翼の人々がノリノリ

猫を飼いたいけど家にいない夫婦

平日は共働きのため朝七時から夜八時か九時くらいまで不在

休日はほぼ毎土日国旅行に出かけている

という夫婦(子供なし)なんだが猫を飼いたい

家に帰った時に猫ちゃんいてくれたら癒やされるよなぁと

ただこんな家庭だから猫の面倒も見てあげられないような気もする

実家は徒歩5分だけど動物嫌いだし、生活時間帯が合わないので預けにもいけない

やはり猫は無理だよなぁ

定年退職したら飼おうと思うんだけどもまだ30年は先だ…。

http://anond.hatelabo.jp/20140628220955

お前が言う前から終わってるよ

あざとすぎるんだよ、あい

http://anond.hatelabo.jp/20140628230730

「次の休日は出かける」って言われた時は、「別れましょう」でいい。

一生の伴侶であるあなたの気持ちを知った上で、相手との関係大事にするのだから、それは当然。

「狭量な妻で申し訳ない=おおらかであるべし」という態度だと思うので、別れの言葉

静かに微笑みながら話す感じで。決して、マイナス感情が見え隠れしてはいけないと思う。

ロジックで説明してくると思うが、あなた立場ひとつ

会わないことを約束するかしないか。

どんな屁理屈こねようが、約束できない場合は相手の女性との関係を維持したい=いずれ浮気に発展する可能性があるということ。

普通の男なら、会わないことを確約すると思うし、意識的安心できるような行動で示そうとするはず。

少なくともおれはそうした。

こういった夫婦のやりとりを記録、あえて土曜日に泊まりで出かけるなどして浮気の発展へ誘導し、

慰謝料レイズするような行為は止めて欲しいと思う。

http://anond.hatelabo.jp/20140628194518

求めているのは、完璧、なのかね?

単なるコミュニケーション不全への指摘だけだと思うんだけどね。

コミュニケーションが不足していて、それは自分側で、そしてそれに自覚なく相手を責めていて、かつ後で冷静になっても自分が悪いと気がつかないって部分が非常に危ういんだよ。

もっとズバリ言うと、夫が疲れて自殺するか、家庭崩壊して離婚。悪いのが自分だと気が付かないで相手を攻める、その根源がまた自分トラウマときた。終わらないよ、自分に原因があると気が付こうとしない人間に、シアワセは来ない。

さて、それがこの女性の求めるラストなのかね?

http://anond.hatelabo.jp/20140628232710

もしもジュリエットが賢い娘だったら、シェークスピアはそんなに有名じゃなかったと思うよ。

白痴ヒロインあけぼのは多分箱開けた娘なんだろうけど。イブってのもある。

男はなぜかバカな女が好きだよね。なんか生物的に。

悪くはないけど

確かに、気分は悪くない

だけど、片足かそれ以上棺おけに足を突っ込んでるおばちゃんに気に入られるよりか

こっちは、一応独身なんだから

それなりに若い方がいいわけ

バツがつこうが、子供がいようが関係なしで

できれば、もう少し若い目の女性にもてたいなぁ・・・



もてたいなあああああああああああああああああああ

http://anond.hatelabo.jp/20140628163825

まぁこ糞女はそれ以前の問題だからな。ああ性格悪っ。こんな酷いの久々に見たわ。

http://anond.hatelabo.jp/20140624103541

ブラジル産が不味いという理由は書いてるじゃん

「油ギトギトになる」

なんで国産と違いが分からないなんて話になってるんだ

http://anond.hatelabo.jp/20140628232710

なにわけわかんねーこと言ってるんだ?

現実の複雑な人間をそのまま描いてもわかりにくいから、悪役と善役にわけて話進めてるのに、「こんな完全に善悪分かるわけないじゃん」とかくだらねー突っ込みいれる中学生みたいなあれか?

白痴ヒロインってのは男の欲望を切り出してるだけだろ。

な~にヒロイズム浸ってるんだか。恥ずかしいぞ中二くっさ~w

http://anond.hatelabo.jp/20140628152439

増田に書いてしまう程にはご自身のことを理解されたいと思っているのであれば、一番身近な人にもそれを伝えようと努力してみる価値はあるのでは。きっと理解されるはずもないというのはあなた主観であって事実ではありません。ご自身がまず甘えられる場所として、夫に理解を求めるのは悪いことではないはずです。

部活の話、ほかの人が当たり前にやっていたことが自分にはできなかった、というお気持ちには共感します。その欠落感がおそらくはほかの人よりも多く、長かったであろうことも。ただだれしもそういう欠落した気持ちを抱えて生きていて、その苦しみはその人固有のもので、客観的にみてどっちのほうが苦しい、というようなものでもないだろう、と私は思います

旦那さんは旦那さんなりにその欠落の感情に、一般的感覚として共感しようとしてくれたのでしょう。あなたからみれば真っ当な人生を歩んできた人がなにをその程度のことで、と思われたかもしれません。しかしながら旦那さんはエスパーではないであうから、ご自身からその欠落について理解してほしいと伝えてほしいなと個人的には思います。もしなにかがつっかえていて話しづらいのであれば、最初プロに聞いてもらうのもありだと思います

あなたが昇進したのは仕事での実績が評価されてのことで、みてくれている人があなた仕事ぶりをみていたからこそ昇進されたのでしょう。年下から学べるというのもひとつの才能で、謙虚努力である証拠だと思います。もう十分がんばっておられるようですから、手を抜くほうに、自分を甘やかすほうに、がんばっていくべきだと思います。いつからでも人生はやり直せると誰かがいっていましたので。どうかお幸せに。

http://anond.hatelabo.jp/20140628084219

いつかのホリエモンの考え方だな

・もし武力で侵略されてもさっさと降伏したほうがマシ

早期の降伏は、末期の降伏よりも条件はいいだろうから、返信の一部にあるような酷い状態にはならないだろう

経済的に掌握されたら日本人生活若者中心に苦しくなるだろうな

そういう層がイスラムみたいなテロを起こすまではいかないにしろウクライナくらいの暴動は起こすだろうから治安は悪くなるだろうな

それでも手に職をもってる層は国が変わろうとやっていけるだろうから武力衝突するくらいならさっさと降伏を支持するだろうな

http://anond.hatelabo.jp/20140628193327

まああんたの言うこともある程度はもっともな話なんだが。

この文章からだけでは、差別を否定するのを面倒くさがっていると、とらえられても仕方ないかもしれん。


ただ過剰に反応するのはいかがなものかと思うわけだ。

実際に行動するっていうのは、過剰に反応するってことだろ?

から思っているんだが、こういう問題に具体的な行動はただ問題を助長するだけ。逆効果だと思っている。

ある程度の行動は必要かもしれんが、ほどほどにしないといけない。


自分にできることは、ただ差別をしないことだけだと思っている。

そして、少しずつその空気を周りに広げていくことしかできない。


地道な作業だが、ずっと実践している。

差別主義者と変わらん、とは心外だな。

http://anond.hatelabo.jp/20140628232139

「ヤジなんていっつも言ってるからいちいち一つづつ何を言ったのかなんて覚えてない」とも言ってたな

多分それも概ね正解な気がする

ことが大きくなりすぎたから誰かが責任取らなきゃならなかったんだろう

http://anond.hatelabo.jp/20140628231617

あなたは優秀だから学部生の段階から修士研究がおままごとだと見抜いて実際その程度の労力でこなせているのかもしれませんが、

自分には、自分より優秀な研究室の先輩が苦しんで訳の分からないことをしているように見えるんですよ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん