2014-06-24

バンコク風俗旅行に行ってきた

今のような政情不安になる少し前に男友達と2人でバンコクへ3泊4日の風俗旅行に行ってきた。

事前に色々調べて、初めてのバンコクで少し不安もあることからMP(マッサージパーラー)と言う日本ソープのような比較安全風俗を中心に回ることにした。

それにしてもバンコクMPは凄い。まず普通に大きな幹線道路と思わしき道沿いに建っている。高級MPは何も知らない人ならばホテル百貨店と思うんじゃないだろうか?ベッカムが行ったとされるMPはまるで宮殿だ。

風俗隔離されている日本からすると街に溶け込んでいて少し戸惑う。なんて素敵な街だ。

高級店は建物の中も本当に豪華だった。また、金魚鉢と呼ばれるひな壇に女の子が並ぶ光景は圧巻。日本格安ソープ程の値段でモデル女優のような女の子と遊べるし、実際に本人を目の当たりにして選ぶから、騙されることもない。

バンコク滞在中は昼と夜に風俗行って、それ以外はその辺の屋台で飲んでた。(一応バンコクの3大寺院にも行った。)

最終日の夜にバンコク最後風俗に選んだのは日本人に人気があるとトゥクトゥクの兄ちゃんが言っていたMPだった。

店に入って席に案内され、ビールを飲みながら女の子を選ぶ。その美瀬は金魚鉢は無く、ソファー女の子が座っていた。客側の席と近いので女の子達のアピールが凄い。なるべく目を合わさないように選んでいると、全くアピールをせずに目が合っても少し会釈する程度の女の子がいた。

可愛かった事もあり、その女の子を選ぶことにした。

部屋に着くと少し会話を試みてみた。片言の英語で話しかけると、少し日本語が分かると言うので、なるべく単語を並べる形で話した。

の子タイ人で23歳、5年目らしい。わざわざ自分タイ人だと名乗ることに少し違和感を覚えたが流した。

自分の事を話しやすいと感じたのか色々と愚痴を言い出した。店で掃除やベッドメイキングをするおばさんが意地悪らしい。ゴム女の子が自腹で店から買うらしいのだが、おばさんに代金を払ったら、その後貰ってないと言われ、結局またお金を支払う事になったとか、私物を盗まれたなど。

話しいるうちに日本語がどんどん上手くなっていった。おかしいと思いながらも話しを聞いていると、気を許してくれたらしく、本当の事を教えてくれた。

実際はミャンマー人で19歳、ただし勤め始めて5年目は本当とのことだった。

19歳で5年目。噂には聞いていたが直接その話しを聞く事になるとは思わなかった。

14歳で買われて、初めてはお店で経験したとこのこと。初めての子は高いらしく、通常料金の10倍ほど。そこから少しずつ値段が下がり、18歳になると通常料金になるらしい。

それからも身の上話が続いた。

父親が病気らしく、年に3回ほど実家に帰る

借金で売られており、返済が終わるまであと3年はかかる

同じ境遇ミャンマーの子と3人で住んでる

日本語は付き合っていた日本人に教えてもらった。逆にタイ語ほとんど話せない。

なぜ自分に話してくれたのか、本当に気を許してくれたのか、それともチップのために皆に話しているのかは分からない。

人身売買現実出来事として否応なしに受け止めなければならなくなった旅行となった。

しかし、そのミャンマー女の子ともやることはやった。今さら善人ぶるつもりは無いし、これから風俗に行く。

だが違法風俗は行かないし、人身売買が無くなり、その結果MPが無くなるとすれば、それは喜びこそすれ、何も残念なことはない。

  • http://anond.hatelabo.jp/20140624223226

    サイドラインに女の子一杯で、日本人に人気ってことはナタリーかな。 んで、その子はミャンマー人じゃなくて、恐らくタイヤイだ。ナタリーには多い。 タイヤイはググったらわかると...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん